鞄いたがき こぼれ話

  • Entry at
  • 2014
  • 08/22
  • 9:00AM

赤平の歴史・日本一のズリ山階段

夏の短い北海道では、お盆を過ぎると少しずつ秋の気配を感じるようになります。

いたがき赤平本店でも、もう朝晩はひんやりと涼しい風が吹いています。

北海道の空知地方中部に位置する赤平市はかつて石炭産業で栄え、最盛期には約6万人の人口を擁し、炭鉱の町としても有名でした。

今回はそんな炭鉱の歴史を物語るスポットをご紹介いたします。

ズリ山頂上からの景色

赤平市には、日本一のズリ山階段、「777段」があります。777段の階段を登り切ると赤平の街はもちろん、遠く十勝岳などの絶景が広がります。

芦別市方面の景色

この「ズリ山」のズリとは、坑内から出ていた岩石などの捨石のことを指します。

捨石が長年トロッコで積み上げられた山をズリ山と言い、炭鉱の街のシンボルでもあります。また777段の階段は長崎の世知原町の555段のズリ山階段を抜いて日本一の高さを誇ります。

このズリ山は、赤平市の有名な火祭りの火文字の点火が行われる場所でもあります。

年に1度の赤平火祭りでの火文字の点火は大いに盛り上がるイベントともなっており、

地元の人たちだけでなく、近年では道外から祭りを見ようとする人で賑わいます。

また炭鉱まちとして栄えた市のお土産品には石炭に似せた「塊炭飴」が有名です。

その昔、赤平の街では年間200万トンの鉄道用炭、原料炭等の高品位炭を産出しており北海道石炭界でも注目されておりました。

黒く輝く石炭を模った砂糖菓子の名称はかつて産出していたこの高品位の塊炭(かいたん)が由来となっております。

塊炭飴の原料は、北海道ビート糖とニッキ。ビート糖は甘さと風味に特徴があり、ニッキは口に入れた瞬間に爽やかさと、どこか懐かしい素朴な味が口に広がる一品です。

本店で購入できるお店も紹介いたしますので、お気軽にお尋ねください。

また、ズリ山階段は実際に登ることもでき、特にこれからの紅葉シーズンには色付く街を望む事が出来ますので、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ズリ山はいたがき本店ショールームから車で10分くらいのところにございます。

バッタ発見‼

また赤平本店では7月にリニューアルしたカフェもオープンして1か月を迎えました。

本店カフェで淹れているコーヒーは、北海道旭川市にある昭平堂という珈琲店の豆を使用。お店でこだわりの焙煎をしており、地元の方や全国の珈琲ファンの方がこぞって訪れる名店です。コーヒーが苦手な方には美味しい紅茶もご用意しております。

是非一度、昭平堂の焙煎珈琲をカフェでお召し上がりくださいませ。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

赤平市炭鉱歴史:【http://akabirakankoukyoukai.jp/history/e3-2.html

火文字:【http://akabirakankoukyoukai.jp/event/himatsuri.html

いたがき火祭りブログ:【http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=2497

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2014
  • 08/22
  • 9:00AM

京都店4周年フェア 限定・先行販売商品

いよいよ来週8月30日(土)より「いたがき京都店4周年フェア」が始まります。

9月30日(火)までの1か月間の開催となり、今年は京都だけの限定商品や

京都店のみの新作の先行販売などもございます。

今回はフェアに向けた新製品情報をいち早く皆様にご紹介いたします。

<京都店・新色先行販売>

この春に販売された新しい「タウンリュック」に待望の新色「赤色」が登場。

京都店4周年フェアにて、この新色を先行販売いたします。

(※8月22日現在、すでに店頭にて先行予約販売を行っております。尚、製品のお届けはフェア開始後とさせて頂きますので何卒ご了承くださいませ。)

前回の販売時には予想を上回るご好評をいただき、販売開始より第一弾が即完売となりました。「軽くて可愛らしい」「背中にフィットして背負いやすい」とのお声をいただいております。マチもあるので、見た目よりも収納力があり毎日使っていただけます。

今回の再販ではハンドルを少し細くスッキリとさせ、リュック本体の口前部分もより絞ることで全体的にふっくらと立体的なシルエットになるよう、新たな工夫を施しています。

軽く手触りも柔らかなソフトタンニン革を使用し、優しい丸みを帯びたデザインが女性らしい印象のリュックサック。新色の赤色を是非、どこよりも早く京都店でご覧くださいませ。

■M527タウンリュック(新色・赤) 税込45,360円

<京都限定・金襴シリーズ>

前回のブログとおすすめ品ブログでも告知しております、いたがきの代表作鞍シリーズと京都西陣の金襴織りのコラボレーションが美しい限定品です。

北海道から京都へと、この4年間の皆様のご愛顧に感謝を込めて作り上げた「新しい鞍シリーズ」は京都だけの限定販売となっています。どこにも無い特別な逸品に仕上がりましたので、こちらも是非お店でご覧くださいませ。

■EL113金襴・馬蹄ドル入れ(キャメル1色) 税込11,880円

■EW919金襴・鞍ショルダー大(キャメル1色・ハンドル、ショルダー付)税込108,000円

※金襴シリーズは数量限定・京都のみの取り扱いとなります。ご希望のお客様はいたがき京都店(TEL/075-222-5656)までお問い合わせくださいませ。

8月15日京都店ブログ→http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7977

おすすめ品ブログ→http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7951

<8月30日(土)・31日(日)ものづくり教室開催>

こちらも前回のブログで告知しております。4周年フェアの初日より2日間、北海道よりいたがきの作り手が京都店へ赴き、ものづくり教室を開催いたします。

丁寧にお教えいたしますので、どなたでも簡単に楽しく革小物を作っていただけます。

また、製品のお手入れやお手持ちの製品に関するご質問も、直接お話いただける機会となりますのでお気軽にご予約、ご参加くださいませ。

ものづくり教室:8月30日(土)、31日(日)の2日間(事前予約制となっております)

※8月39日・31日の「ものづくり教室」はご好評につき、現在すべての日時で定員まで達しました。

今回ご参加頂けなかった皆様にお詫び申し上げます。また今後も開催を予定しておりますので、次回もまたたくさんのご参加お待ちしております。

時間:11時、13時、15時、17時の1日4回(各回定員4名様・お一人様からご参加いただけます。)

概要:キーケース(キャメル)作りを職人が丁寧にお教えしますのでどなた様でも簡単に楽しんで参加いただけます。

参加費:お一人様¥2,160(税込)

ご予約・ご質問:いたがき京都店(11時~19時まで営業)TEL/075-222-5656

※定員制の為、ご希望の時間帯が埋まる可能性がございます。お早目にご予約くださいませ。

新作や限定品の販売以外の定番商品も豊富に取り揃えております。

またお手入れや修理のご相談も受け付けておりますので、京都店4周年フェアに皆様

お誘いあわせの上お出かけください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

鞄いたがき 京都店

〒604-0825 京都市中京区御池通堺町西入御所八幡町233 Mezzo御池 1F・2F

TEL:075-222-5656

京都店HP http://www.itagaki.co.jp/shops/kyoto.html

【営業時間】 11:00~19:00(火曜定休)

※2014年7月より営業時間を変更しました

※8月・9月は定休日なしで毎日営業しております。

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2014
  • 08/15
  • 9:00AM

いたがき京都店4周年フェアと夏のイベント

三条通りから御池通りへと移転して、早1年が経ちました。

新しくいたがき京都店として生まれ変わり、この1年で本当にたくさんのお客様にご来店頂いております。皆様の変わらぬご愛顧にスタッフ一同心より御礼申し上げます。

日ごろの皆様への感謝の思いを込めて、8月30日(土)~9月30日(火)までいたがき京都店では「京都店4周年フェア」を開催致します。

今回のフェアでは北海道よりいたがきの作り手を呼んでキーケースをお客様ご自身で作っていただける「ものづくり教室」を開催。京都限定商品や、全店舗に先駆けて新製品の京都先行販売、限定粗品のプレゼントなど盛りだくさんの企画をご用意しております。詳細はまた来週22日のブログでも続けてお伝えしますので、どうぞご期待ください。

限定品 http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7951

※金襴シリーズは数量限定・京都のみの取り扱いとなります。ご希望のお客様はいたがき京都店(TEL/075-222-5656)までお問い合わせくださいませ。

ものづくり教室:8月30日(土)、31日(日)の2日間(事前予約制となっております)

時間:11時、13時、15時、17時の1日4回(各回定員4名様)

概要:キーケース(キャメル)作りを職人が丁寧にお教えしますのでどなた様でも簡単に楽しんで参加いただけます。

参加費:お一人様¥2,160(税込)

ご予約・ご質問:いたがき京都店(11時~19時まで営業)TEL/075-222-5656

※定員制の為、ご希望の時間帯が埋まる可能性がございます。お早目にご予約くださいませ。

また、今夏いたがき各直営店で現在開催中の大きなイベントを2つご紹介します。

<いたがき直営店スタンプラリー>

まずは、全店で実施中の「直営店スタンプラリー」。こちらは専用のスタンプカードを

お客様に配布し、全国の直営店のスタンプを集めて豪華景品プレゼントに応募していただける、お客様参加型のイベントです。また、スタンプカードをお渡しする際にスタッフが

出題する簡単なクイズに正解すると、その日のお買い物から使えるいたがきサービス券を

差し上げます。(スタンプラリーへはご購入がなくてもご参加いただけます)

キャンペーン期間:8月1日~31日まで

実施店舗:赤平本店・京王札幌店・クラフトスタジオ店・京王新宿店・麻布十番店・

京都店の6店舗

キャンペーン詳細:http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7935

<北海道旅行プレゼントキャンペーン>

こちらは、いたがき道外店舗(京王新宿店・麻布十番店・京都店)で1万円以上の

お買い物をしていただくとペア2組のお客様に2泊3日の北海道旅行が当たるキャンペーンとなっております。

秋の深まる10月の北海道の景色と、いたがき赤平本店を巡る旅を企画しておりますので

皆様どうぞ奮ってご応募ください。

キャンペーン期間:8月1日~31日まで

実施店舗:京王新宿店・麻布十番店・京都店の3店舗

応募要項:道外3店舗で1万円以上お買い上げのお客様全てが応募対象となります。

ご応募時にお客様登録をお願いしております。また、当選者様の発表は弊社より直接お電話でのお知らせをもって代えさせていただきます。

旅行詳細:日程①10月17日(金)~19日(日)の2泊3日

日程②10月24日(金)~26日(日)の2泊3日のどちらか

※北海道までの往復航空券、宿泊、一部送迎をいたがきでご用意いたします。

※道外3店舗より厳正なる抽選で2組4名様をご招待させていただきます。

※旅行内容が変更になる場合がございますので、ご了承くださいませ。

今後も各店で様々なイベントや新製品の企画も次々と出てまいりますので

皆様どうぞお誘いあわせの上、お近くのいたがき直営店へお出かけください。

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2014
  • 08/08
  • 9:00AM

8月の大イベント「麻布十番祭り」開催

毎年7月後半の恒例イベントである麻布十番店「お楽しみ会」が、先日お陰様で無事に終わりました。

今回も北海道本社から来た職人と共に、革小物を作る「ものづくり講習会」や製作実演、限定ベルトの販売、また北海道メロンが当たるくじ引き、新作・鞍名刺入れ(EL932)の発売など、盛りだくさんの内容で開催致しました。

中でもものづくり講習会には例年以上のご参加をいただき、革の小物トレイ作りを通して、皆様に職人の製品作りの一部を体験していただきました。

特に「コバ塗り」と呼ばれる革の縁に液剤を塗っていく作業は出来上がりの綺麗さを決める重要な場面でしたが、皆様の出来上がりを拝見させていただくと大変丁寧な仕事で、スタッフ一同感心しきりでした。お客様からも日常を忘れて没頭できるという喜びのお声を頂きました。

イベントにお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。

さて、そんな麻布十番店の夏はイベントがまだまだ続きます。

来る8月23日(土)、24日(日)には、お店で「麻布十番祭り」を開催致します。こちらは毎年8月に店近くの商店街一帯で行われる「麻布十番納涼まつり」の開催期間に合わせて行う恒例イベントです。例年10万人以上もの人が集まるという大規模な納涼祭り期間ならではの企画として、いたがきのタンニンなめしの「革のハギレ」販売や、若手職人の考えたオリジナル革小物の販売(クラフトマーケット小物販売)をご用意致します。ぜひお手に取って下さいませ。

また小さなお子様や女性にもその場でお楽しみ頂けるかわいい革のアニマルバッチの製作体験、いたがき商品の当たるくじひき、そして目玉企画として、いたがきより1万円以上お買い上げいただいた方には「北海道旅行プレゼント」キャンペーンへもご応募頂けます。肩肘張らずにお祭りならではの気軽さ、珍しさを感じながら参加していただけるよう、7月のお楽しみ会に負けない豪華な内容になっております。

当日は街一帯に提灯がさがり、夕方には露店街が浴衣姿の人々で賑わいます。

夏の思い出作りにぜひお誘いあわせの上、お気軽にお越しくださいませ。

たくさんのお客様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

<いたがき麻布十番祭り>

開催:8月23日(土)、24日(日)

時間:11時~19時

場所:麻布十番店

※通常商品の販売も行っております。

※最新情報は随時HPなどでご連絡致します。

☆麻布十番商店街のHP:http://www.azabujuban.or.jp/

街の魅力が沢山詰まっています。ぜひ麻布十番に遊びにいらしてくださいませ。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2014
  • 08/01
  • 9:00AM

夏の風物詩 さっぽろ大通ビアガーデン

京王プラザホテル札幌店は、この度店舗の改装を行い、7月15日にリニューアルオープンをいたしました。
店内はよりいたがきらしい、そして北海道らしいしつらえになり、以前よりもさらにゆったりとした時間が流れています。
ご来店のお客様からも「素敵なお店になったね」と声をかけていただきます。
今回は、京王プラザホテル札幌店から歩いて行ける、夏のおすすめスポットをご紹介します。

ここ北海道にも暑い季節がやって参りました。
一般的に涼しいイメージがありますが、札幌は時折本州を凌ぐ気温になることもあり、道外からいらっしゃるお客様に驚かれることもしばしば。
そんな暑い夏を彩る一大イベントが、さっぽろ大通ビアガーデンです。
このブログでも度々ご紹介している札幌市のメインパーク・大通公園。
ビアガーデンはここで毎年この時期に行われている、市民にはお馴染みの催しで、
「福祉協賛」と銘打って、収益金の一部を福祉団体に寄付する福祉目的として1959年から続いています。

テレビ塔からの大通公園遠景 

会場は大通公園5丁目から11丁目にかけての広大な敷地の中に数多く作られ、総座席数は国内最大規模の約13,000席。
会場内にはテントも設営されているので、日差しや雨を気にすることなくお楽しみいただけます。
各会場では、ビールはもとよりフードメニューにも工夫を凝らしており、どこに腰を落ち着けようかと迷ってしまうほど。
中には限定の商品を提供している会場もあります。
昼間のきらめく日差しの中で、また、涼しい夜風に吹かれながら、美味しい一杯をぜひ堪能してみて下さい。

大通りビアガーデンは京王プラザホテル札幌店より徒歩15分程の場所にございます。
是非ビアガーデンといたがきでのお買い物をセットにして、札幌の夏を存分にお楽しみ下さい。
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

さっぽろ大通ビアガーデン
8月15日(金)まで

http://www.sapporo-natsu.com/beergarden/

いたがき京王プラザホテル札幌店
10:00~19:00
8/17(日)は第3日曜定休日

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2014
  • 08/01
  • 9:00AM

今月のおすすめ品 Vol.37

今月のおすすめ品は、夏の京都店・限定商品「EL113金襴・馬蹄ドル入れ(キャメル1色)」

(税込11,880円)です。

いたがきの人気製品である鞍シリーズのドル入れに京都・西陣の美しい金襴織りを取り入れました。

金襴とはその昔、明より伝えられた金糸銀糸に色糸を交えて緯糸にし、模様が浮き出るように

織られた紋織物のひとつで、京都では古くから西陣の地で織り継がれてきた伝統工芸品

としても有名です。いたがき京都店では店舗内の壁にも同じ柄の金襴が使用されています。

馬蹄ドル入れは小さいながら、いたがきのものづくりが凝縮された細かな造りと真鍮の

あぶみが光るクラシックなデザイン、そして使いこむとコインが100枚ほど入る容量も魅力的な製品です。http://www.itagaki.co.jp/feelings/goods004.html

また製品を作る際に、金襴の生地を様々なところから裁断しているので、ひとつひとつ柄が

違っていて、お気に入りの物を選んでいただけるように工夫しました。

北海道から京都へ。いたがき京都店の開店4周年を記念して、また日ごろからご愛顧くださる

皆様へ感謝の気持ちを込めて作り上げた新製品です。

数量限定となっておりますので、この機会に是非いたがき京都店でご覧になってください。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

※金襴シリーズは数量限定・京都のみの取り扱いとなります。ご希望のお客様はいたがき京都店(TEL/075-222-5656)までお問い合わせくださいませ。

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2014
  • 07/31
  • 9:00AM

いたがき直営店スタンプラリー開催

8月1日(金)から31日(日)までいたがき各直営店にて「直営店スタンプラリー」を開催します。

道内、道外それぞれの店舗で専用のスタンプカードをご希望の方にお渡しします。

そのカードを持って各直営店でスタンプを3つ集めると、抽選で鞄や商品券が当たるキャンペーンにご応募いただけます。

さらに各直営店の店頭で出題されるクイズに正解すると、その場で使えるいたがきサービス券もプレゼント。

対象店舗は赤平本店、京王札幌店、新千歳空港クラフトスタジオ店、麻布十番店、京王新宿店、京都店の6店舗。どうぞお気軽にお近くの店舗へお出かけください。その他にもいたがきでは夏の革のお手入れ方法や、各種修理の受付なども承っております。

夏休みは皆様揃って是非いたがき直営店にお出かけくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

<直営店スタンプラリー>

開催期間:8月1日~31日まで

開催場所:いたがき各直営店(本店・京王札幌店・クラフトスタジオ店・麻布十番店・

京王新宿店・京都店)

※ご希望のお客様はお気軽にスタッフにお尋ねください。スタンプは1組1店舗につき

1個のみとなります。スタンプカードは各店スタッフにお見せください。

※各店舗でクイズに正解すると当日から10月31日まで使えるサービス券を進呈。

※3店舗分のスタンプが貯まるとプレゼント抽選にご応募いただけます。

(厳正なる抽選後、当選者の方へ本社よりご連絡いたします)

※ご応募の方には顧客登録をお願いしております。

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2014
  • 07/20
  • 5:40PM

京王プラザホテル札幌店リニューアルオープン

8日間のお休みをいただき改装工事を進めておりました京王プラザホテル札幌店が7月15日(火)にリニューアルオープンしました。

カウンター横の看板

今回はスイスメイドの再生革の床材を使用、カウンター上のペンダントライトにも革を巻いて、よりいたがきらしいしつらえとなっております。

照明は環境に優しいLEDに。
以前よりもぐっと落ち着いたライティングになっています。

そしてこの機会に京王新宿店、京都店に続いて「鞄」プレートを使い、道産木材とタンニンなめしの革をアレンジした京王札幌店オリジナルの看板を製作しました。
看板の製作には、赤平市の武藤工業様に多大なご尽力をいただき、まさに北海道の、そして赤平の力が凝縮されたものとなっています。
北海道らしい明るく清々しい看板になりましたのでぜひご覧いただきたく思います。

よりゆったりとお買い物を楽しんでいただける店舗となりましたので、この機会にぜひ足をお運びいただければ幸いです。
新しく生まれ変わった店内で、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

カウンター

店内全景

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2014
  • 07/19
  • 9:40AM

《いたがきCafé》オープン!!

北海道にも夏が訪れ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

いたがき赤平本店ではこれまで、店内のCaféスペースで淹れ立てコーヒーのサービスを行っていましたが、今月7月1日よりほかの飲み物もメニューに加え、改めて《いたがきCafé》をオープンいたしました。

カフェ店内です!

これまで通りコーヒー通の方には旭川の昭平堂のこだわりのコーヒーを始め、赤平近郊で丹精込めて作られた、ここでしか味わえないフレッシュジュース、週末にはコーヒーとケーキのセットも用意しています。

今回のカフェオープンにあわせてテラス席には赤平の大自然を楽しめるようテントも新設いたしました。

外からの風景

外からの風景

地よい風を感じながら北海道の景色を楽しんでいただけます。

カフェではこだわりのメニューをご用意しております。

【ドリンク】

●コーヒー(hot/ice)  350円

●紅茶(ice)      350円

●幻のトマトジュース  400円 (期間・数量限定)

●リンゴジュース    300円

●ガラナ        300円

【アイスクリーム】

●かぼちゃ・バニラ・あずき・ハスカップ 各種300円

【土日祝日限定メニュー】

●ケーキセット

(ケーキ+ドリンク)   500円

●ケーキ単品       280円

※ケーキは1日10個限定となっておりますので、ぜひお早めにご来店ください。

店内の鞄や小物を観ながら、ぜひコーヒーやドリンク各種を是非一度お試しください。

テラス席からは、田園風景!

2人掛け椅子・テーブルあります

7月は赤平火まつり(http://akabirakankoukyoukai.jp/event/himatsuri.html)やいたがき赤平本店夏祭り(http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7896)などイベントが盛りだくさんですので、お近くにお越しの際は是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。

本店スタッフ一同心よりお待ちしております。

本店カフェ営業時間 10:00~17:00(定休日 年末年始)

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2014
  • 07/18
  • 9:00AM

いたがき京都店・祇園祭鑑賞会

7月に入って京都の街ではコンチキチンと祇園囃が本格的な夏の訪れを告げています。

昨日7月17日(木)にいたがき京都店にて「祇園祭鑑賞会」を開かせていただきました。

昨年7月末に今の堺町と御池通りに移転して、初めて体験する祇園祭でした。

朝9時ごろに四条通りを出発した大小の華麗な山鉾が、ぐるりと回って御池通りまでやってくるのを京都店の2階からじっくり眺めることが出来ました。

京都に住んでいても、なかなか目の前でお祭りを見られるという機会はないもので、

実際に京都店のスタッフにとっても初めての経験でした。

また、行列の到着を待つ間に店舗1階でお抹茶とお菓子をお出しし、京都らしい和のおもてなしもお楽しみいただけたかと思います。

今回の鑑賞会は、祇園祭当日の混雑を考慮して、4月末から5月末までいたがき各直営店

の店頭にフライヤーを設置し、製品をお買い上げ時にご応募いただいたお客様の中から抽選で10組20名様のみ限定でのご招待とさせていただきました。

締切りまでに予想以上のご応募をいただきました。この場をお借りして、ご応募くださったお客様へ厚く御礼申し上げます。

初めての試みであったため、やってみなければわからない事も多く、お客様にはご迷惑をお掛けする場面もありましたが、これからも京都店の夏の風物詩として開催していきたいと思いますので、来年の祇園祭鑑賞会への皆様のご応募、ご参加もお待ちしております。(来年も店頭でのフライヤー設置や、HPでお知らせする予定です。)

今年は50年前に途絶えた「後祭(あとまつり)」が復活する年でもあり、17日(木)は「前祭り(まえまつり)」で、ちょうど一週間後の24日(木)にもう一度逆回りでの巡航が行われます。前祭では23基、後祭では10基と山鉾の数は少なくなりますが、1864年の禁門の変により焼失して以来、150年ぶりに「大船鉾」が登場するなど注目されています。

いたがき京都店では24日は通常より1時間早い10時より開店とさせていただきますので

巡航を楽しまれた後は、どうぞお店に上がってゆっくりと涼んでください。

また、祇園祭に合わせて「京都限定」のオリジナル鞄も特別に製作いたしました。

数量限定でこの時期に京都でしか見られないお品となっておりますので、是非この機会に

いたがき京都店へお越しくださいませ。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

鞄いたがき 京都店

京都市中京区御池通堺町西入御所八幡町233 Mezzo御池1F・2F

(堺町通り・御池通り北西角より2件目のマンションの1F、2Fが店舗です)

TEL:075-222-5656

営業時間:11時~19時

※24日(木)は祇園祭につき10時~19時とさせていただきます。

投稿者:京都御池店

このページの先頭へ