直営店便り

Page 10 / 18« First...89101112...Last »
  • Entry at
  • 2014
  • 01/10
  • 9:00AM

春財布フェア開催中

新年明けましておめでとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

春財布フェア

さて、年が明け「新春」ということで、いたがき各直営店ではただいま春財布フェアを開催しております。「春に新調するお財布は縁起が良く、『張る』ほどお金が貯まる」と言われており、好評をいただいているフェアです。

いたがきでは、ラウンドファスナータイプや二つ折りタイプ等様々なお財布をご用意しております。限定カラーもございますので、この機会にぜひ各直営店でお手にとってご覧下さいませ。

期間中、お財布を2万円以上お買い上げの方には、あかびら匠塾製作の「あかびら花かるたキーホルダー」をプレゼントしております。

あかびら匠塾とは、いたがきを含む赤平市内のものづくり企業が集まり、匠の技術の伝承と、地域のものづくり産業の活性化を目的に活動している団体で、各企業の若手が集まり、それぞれの技術とアイディアを掛け合わせた商品開発も行っています。

あかびら花かるたキーホルダー

「あかびら花かるた」もそこで生まれた商品の一つ。赤平名物をデザインに取り入れた革の花札で、今回は「牡丹に蝶」の絵柄をモチーフにしたいたがきバージョンのキーホルダーをお作りしました。

手のひらサイズのキーホルダーに込められた、若き匠の心と技をぜひご堪能下さい。

こちらは数量限定となっておりますので、品切れの場合はご容赦下さいませ。

店内を暖かくしながら、スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております。

【いたがき春財布フェア 1月31日まで】

赤平本店、京王プラザホテル札幌店、新千歳空港クラフトスタジオ店、京王プラザホテル新宿店、麻布十番店、京都店

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 12/13
  • 9:00AM

クリスマスフェア商品紹介

12月1日より各店舗で開催中のクリスマスフェア。おかげさまで多くのお客様にご来店いただいております。

ボストンバッグ、スリムショルダー

今回は、フェア開催と同時に各店舗にお目見えしたニューフェイスの鞄2点をご紹介したいと思います。

●スリムショルダー(BW564 税込60,900円)

いたがきファンに人気の高いワインの革でお作りしたショルダーバッグ。無駄の無いシンプルなデザインは男性にも女性にもお使いいただけます。とてもスリムな形ですが、横にスリットが入っているので口が大きく開き、出し入れがスムーズにできます。長財布や500mlのペットボトルが入るサイズにもなっていて、旅行やお出かけに重宝しそうな一品です。深みのある色と相性の良いクラシカルなひねり金具もポイントです。

●ボストンバッグ(B720 税込194,250円)

ワインの革では最大サイズのボストンバッグがついに登場。革の魅力を最大限に活かしたデザインです。両サイドのボタンを外してファスナーを開けると口が大きく開き、物の出し入れがしやすい構造になっています。また、随所に取り付けられている便利なポケットの中でも特徴的なのが、外側のサイドポケット。最近はモバイルツールを持ち歩く方が多いので、電源コードや充電器などが収納できるようになっています。ショルダーには大型鞍ショルダーと同じく馬の手綱に使用している糸を頑丈に編みこんだ物を採用。おしゃれさと丈夫さの両方を兼ね備えた鞄です。

どちらも時が経つのを忘れて見とれてしまう程の素晴らしい出来栄えとなっておりますので、ぜひ各店舗にてご覧いただきたいと思います。

星型クリスマスタグ

いたがきではこの他にもクリスマスプレゼントにふさわしい商品を各種取り揃えておりますので、お近くへお越しの際はお気軽にお立ち寄り下さいませ。

また、期間中お買い上げの方にはカラフルな星型のクリスマスタグをプレゼント。数に限りがございますのでお早めにお越し下さい。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ち申し上げております。

【いたがきクリスマスフェア】12月25日まで

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 11/15
  • 9:00AM

京王プラザホテル札幌店6周年フェア好評開催中

11月1日から始まりました京王プラザホテル札幌店6周年記念フェア。

フェア記念商品:ワイントートバッグ、ベルト30mm、24mm

たくさんのお客様にご来店いただき、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも皆様へのおもてなしの心を忘れず、より良い店舗作りに励んで参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、フェアでは前回のブログでご紹介したワインの革の商品の他に、10月の本店創業祭で好評いただいたモスグリーンの革の商品2点を先行販売しております。ワインカラーと共に非常に人気の高いモスグリーンは、黒と見紛う程の深い色合いがとても魅力的で、いくら眺めていても飽きが来ないとの評判です。

フェア記念商品:グリーン鞍束入れ、鞍札入れ

●鞍札入れ(グリーン BL116 税込27,300円)

いたがきの代表作である鞍をモチーフにしたシリーズのお財布。内装は全て合皮を使わず革で仕上げている質の高い逸品です。

小銭入れが箱形に開き、中身が見やすく取り出しやすい構造になっています。

革が馴染んでくるととても使いやすいと好評をいただいているお財布です。

●鞍束入れ(グリーン BL115 税込39,900円)

こちらも内装を全て革で仕立てている豪華仕様。仕切りがたくさんあるので、紙幣と領収書の小分けがしやすい大容量のお財布です。鞍のモチーフが存分に活かされている美しいデザインです。

プレゼント商品:コード留め

そして、期間中1万円以上お買い上げの方に差し上げているコード留め(キャメル・黒の2本セット)。パソコンやタブレットなどの普及により、お部屋の中や鞄の中にコードがたくさんあって大変…という方におすすめです。コードの束の太さによってホックが2段階調節できる便利なこのアイテムを、いたがきで一番人気のキャメルとビジネス用品にも使える黒の2本セットでプレゼントしております。限定100セットとなっておりますので、お早めにお越し下さいませ。

フェアは11月30日(土)まで。

皆様のお越しを、スタッフ一同お待ちしております。

【いたがき京王プラザホテル札幌店6周年フェア】

11月1日(金)~11月30日(土)

10:00~19:00

期間中休まず営業

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 10/18
  • 9:00AM

京王プラザホテル札幌店 6周年フェア

お陰さまで11月1日をもちまして、いたがき京王プラザホテル札幌店は6周年を迎えます。

無事に節目の時を迎えられるのも、ひとえに支えて下さるたくさんのお客様のお陰です。

日頃の感謝の気持ちを込めて、店舗では11月1日(金)~30日(土)まで6周年記念フェアを開催します。フェアでは記念限定品・先行販売品をご用意しますので、ここで一足早くご紹介したいと思います。

6周年記念限定品・先行販売品

●スリムトートバッグ(ワイン BW759-21 税込81,900円)

A4サイズが入ります。かなりの容量がありながらも、スリムな外見です。深い色合いときめの細かさが特徴のワインの革をふんだんに使い、革の良さを存分に活かしたクラシカルなデザインは、お仕事やお出かけをいつもよりももっと楽しくさせてくれることでしょう。

●メンズベルト 30mm(ワイン BL283-21 税込18,900円)

 ベルト 24mm(ワイン B271-21 税込10,500円)

「ワインの革のベルトを作って欲しい」というたくさんのお客様の声にお応えし、満を持しての登場となりました。

30mmと24mmの2サイズを2枚革・ゴールドバックルでお作りしています。

コード留め(キャメル・ブラック2個セット)

また、期間中1万円以上お買い上げの方先着100名様に、パソコンなどのコードをまとめるコード留めをプレゼントさせていただきます。数に限りがあるのでお早目にご来店下さいませ。

感謝の気持ちを形にした素敵な商品を、ぜひ店舗にてご覧いただければ幸いです。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

【いたがき京王プラザホテル札幌店6周年フェア】

11月1日(金)~11月30日(土)

10:00~19:00

期間中は休まず営業致します。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 09/20
  • 9:00AM

北海道大学キャンパス散策

北海道大学は、国立の基幹総合大学です。

北大農学部

1,776,249㎡(東京ドーム約38個分)の広大な敷地を持ち、JR(地下鉄南北線)札幌駅、地下鉄南北線北13条駅、北18条駅と3つの駅を最寄駅にしています。

今回は、札幌市の中心部にありながら北海道の豊かな自然を体感できるこの大学のキャンパスを散策してみました。

JR札幌駅から徒歩7分、いたがきのある京王プラザホテル札幌からは徒歩15分程の場所にある北海道大学正門から中に足を踏み入れると、インフォメーションセンター「エルムの森」が私たちを出迎えてくれます。ここでもらえるキャンパスガイドマップを手に、まずはメインストリートを西へ向かうと約12,000㎡の緑地が見えてきます。中央には川が流れており、木陰で憩う学生や市民に混じってのんびりと過ごすことができます。

さらに西へ向かうと、雑誌やテレビなどで北海道大学を代表する建物として紹介されることが多い農学部のクラシカルな建物が見えてきます。この農学部の前身が、以前ブログでもご紹介した「時計台」で有名な「札幌農学校」です(http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=6684)。

木立の中に佇む北大総合博物館

ここで一度引き返し、メインストリートを北上します。木立の中に点在する様々な学部棟や研究棟を見ながら歩みをすすめると、左手に見えてくるのが総合博物館です。ここでは学術標本の展示、公開をしており、ミュージアムショップも併設、市民向けの講座なども開催しています。農学部に負けず劣らずのどっしりした佇まいは見ているだけで厳かな気持ちになります。

さらに西へ向かうと、北大のシンボル・ポプラ並木が現れます。2004年9月の台風18号によって半数近くが倒壊しましたが、全国からの寄付金により、倒木の立て直し、若木の植樹が行われ、立ち入り禁止だった並木道も80mの散策が可能になりました。

北大のシンボル ポプラ並木

この他にも構内には数多くの見どころがありますので、時間や体力に合わせてコースを設定して回られるのがおすすめです。

また、北13条門からほど近いイチョウ並木は、紅葉シーズンの10月になると黄金色に輝く美しい道に変身し、北大名物として多くの観光客が訪れます。

京王プラザホテル宿泊客の朝の散歩コースとしても人気が高い北海道大学キャンパス。お店でも「これからお散歩に行ってくるよ」というお客様の声がよく聞かれます。

暑さも和らぎ、散策にはもってこいの季節となりました。いたがきでは秋の行楽のお供におすすめの使いやすいショルダーバッグを各種ご用意しておりますので、おでかけの前にぜひお立ち寄り下さいませ。

北海道大学構内の地図はこちら(北大キャンパスビジットプロジェクト)

http://www.hokudai.ac.jp/bureau/nyu/campus/cam-kose.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 09/07
  • 12:00PM

敬老の日の贈り物に

9月16日は『敬老の日』

9月16日(月)は『敬老の日』です。

大切な人に日頃の感謝と長寿の願いを込めて、特別な贈り物をされてはいかがでしょうか。

いたがき京王プラザホテル札幌店から敬老の日のプレゼントとして、お勧め製品をご紹介いたします。

●ショルダーバッグB6(EL556 税込45,150円 http://www.itagaki.co.jp/products/items/E1556.html

小振りながら500mlのペットボトルが縦に入ります。ちょっとしたおでかけにも旅行にも気軽にお使いいただけるおしゃれな鞄です。

●パンプキンポーチ(M517 税込14,700円 http://www.itagaki.co.jp/products/items/M517.html

可愛いと大人気のかぼちゃの形をモチーフにしたポーチ。小さめのお財布、携帯電話などを入れて持ち運ぶのに便利です。別売りのショルダーを取り付けると愛らしいポシェットにもなります。お揃いの小銭入れ(パンプキンドル入れ M100 税込4,725円 http://www.itagaki.co.jp/products/items/M100.html )とセットでプレゼントしても喜ばれそう。

ショルダーバッグB6、パンプキンポーチ・ドル入れ、ペンケース

●ペンケース(E600 税込3,150円 http://www.itagaki.co.jp/products/items/E600.html

3本入りのペンケース。クラシカルな形が、味のあるいたがきの革にぴったりの人気商品です。

●メガネケース(EW627 税込7,350円 http://www.itagaki.co.jp/products/items/E627.html

店内広告に掲載されているおすすめ商品です。小さめの鞄にも入るコンパクトサイズ。老眼鏡を持ち歩く方のために、お一ついかかでしょうか?

いたがき各直営店ではこの他にも贈り物におすすめの商品を各種取り揃えております。

ネーム入れ、ラッピングのサービスもございますのでお気軽に販売員までお尋ね下さい。

一つ一つ真心を込めてお作りしたいたがきの革製品を、この機会にぜひご検討下さいませ。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 08/23
  • 9:00AM

札幌の時を刻み続けて132年

いたがき京王プラザホテル札幌店の位置する札幌中心部には、徒歩圏内に数多くの観光名所があります。札幌と言えば多くの人が名前を挙げるであろう『時計台』もその一つ。

時計台全景

お店からは徒歩15分弱の場所にあります。

 明治9年8月、北海道開拓の推進役となる人物を養成する札幌農学校(現在の北海道大学の前身)が開校しました。

時計台は、この農学校の演武場として明治11年10月校地の中央に建設され、明治14年8月12日、時計機械が運転を開始し時を知らせ始めました。

演武場の2階は兵式訓練や体育の授業を行うほか、中央講堂としても使用され、1階は研究室・講義室、動植物や鉱物の標本展示室として利用されていました。

やがて、札幌農学校が明治36年に現在の北海道大学の位置に校舎を増設して移転すると、演武場は当時の札幌区に貸与され、明治39年には街区の整備にともない約100m南の現在地に移されました。この頃から演武場は「時計台」と呼ばれるようになったと言われています。

2F演武場

その後、集会場や図書館として活用され、現在は農学校と時計台の歴史を紹介する資料館として多くの見学者を迎えるとともに、夜間の2階ホールでは、演奏会や講演会などが催されています。また、有島武郎の小説「星座」や、北原白秋作詞の「この道」など、大正時代以降の文学や音楽によって広く知られるようになり、今では札幌の顔として年間多くの観光客が訪れる人気スポットの一つとなっています。

そして、時計台もまた札幌の開拓時代を語る貴重な歴史的建造物として

北海道旧本庁舎(通称:赤レンガ http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=6509)などと共に国の重要文化財に指定されています。

時計台の鐘の音は、かつては一里(約4km)四方に響き渡ったと言われ、現在も正確に時を知らせ続けています。その優しい響きは今も昔も変わりません。

そんな時計台は、今年の8月12日に132歳になりました。明治の終わりには全国に72台あった時計台も現存するのはこの一台のみ。国内最古の塔時計となりました。

ビルの谷間にひっそりと佇むその姿に、中には「思っていたより小さかった」とがっかりされる方もいらっしゃるとか。たとえサイズは小さくても、札幌の歴史とロマンがたくさん詰まった時計台は、一度は訪れていただきたい素敵な場所です。

ぜひ、開拓時代の息吹を感じてみて下さい。

時計台の所在地・開館時間等はこちら

札幌市公式観光サイト http://www.welcome.city.sapporo.jp/sites/tokeidai

 

 

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 07/26
  • 9:00AM

札幌中心部めぐり:北海道立近代美術館

北海道における文化の拠点として活動を展開している北海道立近代美術館は、札幌中心部の西側に位置しています。

北海道立近代美術館:全景

 1973年発足の新美術館建設準備室を経て1977年7月にオープンして以来、「すぐれた作品の収集・保存」、「バラエティに富んだ展示」、「すべての活動の基礎となる調査・研究」、「トータルな学習の場の提供」を基本理念として様々な活動を行っています。館内には明治以降の北海道に関する美術品を中心にさまざまな作品が収蔵されており、自館のコレクションを中心としてさまざまな角度からテーマを設けて展示する「これくしょんぎゃらりい」(常設展)と、国内外の優れた作品を展示する「特別展」を数多く開催しています。また、展示活動のみならず、ギャラリーツアー(ボランティアによる展覧会ガイドツアー)やギャラリートーク (学芸員による展示作品の解説)を行うなど、教育・情報サービスにも積極的に取り組んでいます。

前庭の池と彫刻作品

美術館前庭には様々な樹木と共に著名な彫刻家の作品が展示され、緑と芸術の調和を楽しみながらベンチで一休みもでき、天気の良い日には近所の保育園の子供たちが楽しげに遊ぶ姿も見られます。

ただいま特別展では、『シャガール展』を開催中です。20世紀を代表する画家の一人として世界的な人気を誇るマルク・シャガールですが、絵画の他に歌劇場や教会などの壁画やステンドグラス、タピスリーなどのモニュメント(記念碑的作品)も手掛けていたことはあまり知られていません。今回はパリ・オペラ座の天井画の下絵や、フランス各地の教会を飾るステンドグラスとその下絵など、日本初公開の作品を展示しています。

美術館からいたがき京王プラザホテル札幌店までは徒歩30~40分程。ちょっとした運動に最適な距離なので、美術館帰りにお店に立ち寄られ感想を話して下さる方も多くいらっしゃいます。

美術館と彫刻作品

夏の思い出に、素晴らしい美術の世界に触れられてみてはいかがでしょうか。

シャガール展は8/25(日)まで。

休館日や営業時間についてはホームページをご覧下さいませ。

北海道立近代美術館ホームページ http://www.aurora-net.or.jp/art/dokinbi/index.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 06/28
  • 9:00AM

北海道のシンボル

いたがきのお店がある京王プラザホテル札幌から南へ歩くこと5分、緑に囲まれた敷地の中に『北海道庁旧本庁舎』があります。

北海道庁赤れんが庁舎

四季折々に赤く映え、美しい姿を見せてくれるこの建物は、『赤れんが』の愛称で広く道民に親しまれています。

アメリカ風ネオ・バロック様式のれんが造りで建設された赤れんが庁舎は明治21年(1888年)に誕生。以来、焼失や建て替え工事などを経ながら新庁舎完成までの80年にわたり、北海道の拠点、道政の中枢としての役割を果たしてきました。設計は道庁の技師が担当し、建築資材のれんが、硬石、木材などには道産品が多く使われました。昭和44年には、数少ない優れた明治時代の洋風建築物として国から重要文化財の指定を受けました。

中央にドームを配した地上2階建ての建物の中に足を踏み入れると、随所に手の混んだ美しい造りを見ることができます。各部屋は、北海道の歴史ギャラリー、樺太(現在のサハリン)関係

いたがき製メッセージボード

資料館、北方領土資料館、国際交流・道産品展示室として無料開放され、北海道の昔と今を垣間見ることができます。また、展示室の一角には、2008年に北海道の洞爺湖で行われたサミット(先進国首脳会議)の折に、高橋はるみ知事から各国首脳に贈られたいたがき製のメッセージボードも展示されているので、お時間のある方はぜひ探してみて下さい。

庁舎の周囲は緑と池に囲まれ、オフィス街のオアシスとして市民から親しまれています。多種多様な植物が伸び伸びと育っており、現在は池に咲いているスイレンの花が見頃です。

北海道の美しいシンボル『赤れんが庁舎』へ、北海道の歴史とロマンを覗きにいらしてみてはいかがでしょうか。

北海道庁旧本庁者(赤れんが庁舎)

池に咲くスイレン

【開館時間】8:45~18:00

【休館日】年末年始(12/29~1/3)

【入場料】無料

【北海道のホームページ】庁舎のご案内 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/chosha/

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 06/01
  • 9:00AM

今月のおすすめ品 vol.23

鞍ウエストポーチ①

鞍ウエストポーチ①

今月のおすすめ品、京王札幌店からは『鞍ウエストポーチ TEBL930』をご紹介したいと思います。

鞍ウエストポーチ②

昨年、今年の3月に開催した麻布十番店の誕生祭で限定販売し、好評をいただいていたこのウエストポーチ。今回、満を持して各直営店にもお目見えとなりました。(http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=5959

四角いボディのかぶせの部分にいたがきの代表的な鞍のモチーフをあしらったオシャレなフォルム。

ベルトに通してウエストポーチとしてお使いいただけます。

そして、付属のショルダーを通すと、かわいらしいポシェットに早変わり。横長の洗練されたデザインで男性にも女性にもおすすめの逸品です。

収納例

小ぶりながらも容量があり、長財布も楽に入ります。また、ボディの下までファスナーが開くので、中の物を探しやすい構造になっており、この鞄一つで身軽にお出かけが可能です。旅行の時は、大きい鞄の中にバッグインバッグとしてもお使い頂けます。

色はキャメルとダークブラウンの2色。色が変わるだけでぐっと雰囲気も変わります。

「かわいい」と「かっこいい」の両方を兼ね備えた鞍シリーズの新製品を、ぜひ各直営店でお手に取ってご覧下さいませ。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

Page 10 / 18« First...89101112...Last »
このページの先頭へ