いたがき 京都御池店

いたがき 京都御池店

〒604-0825 京都市中京区御池通堺町
西入御所八幡町233 Mezzo御池 1F・2F
TEL
075-222-5656
Email
kyoto@itagaki.co.jp
営業時間
11:00~19:00(火曜定休)
2014年7月より営業時間を変更しました

京都の街の中心部、中京区御池通り沿い(御池通りと堺町通りの北西角より2件目)にて営業致しております。観光やお仕事で京都へお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さいませ。

平成22年8月26日に京都三条店としてオープンして3年、いたがきの西の拠点として多くのお客様にお越し頂きました。

そして平成25年7月31日より御池通りへと移り場所を移し、新たに「いたがき京都御池店」として営業致しております。御池通りは京都市内で最も道幅の広いシンボルロードとして整備され、道路の両側に植えられたケヤキ並木が四季折々に美しく、路地や小路の多い京都の街には珍しい明るくゆったりとした風景が広がります。
また京都三大祭りの内、祇園祭や時代祭は店舗のすぐ目の前で巡航を見る事が出来、2014年より事前に応募いただいたお客様へ祇園祭鑑賞会のご案内も始めました。
近くには京都市役所やゼスト御池地下街、京都ホテルオークラなども建ち並び、街の中心でもある京都御所は店舗から歩いて行ける距離にあります。
市内各所へのアクセスも良く京都市営地下鉄、烏丸線・東西線の両線が御池通りの真下を通り、毎日多くの人々が地上、地下と行き交います。

四季の色合いを移す、京都のシンボルロード、御池通り北側に面した店舗

店舗は北海道の雄大さと京都の伝統的な技巧の美しさや緻密さがうまく同居するこだわりの造りながら、いたがき製品の素朴な温もりを感じて頂ける、ゆったりとしたギャラリーのような落ち着いた雰囲気になっています。

店舗の設計は京都に拠点を置いて、日本建築を代表する数寄屋造りや和の住居、店舗の設計施工を専門にされている二村和幸氏(二村建築研究所 所長)にお願いして手掛けていただきました。
その空間には30年に渡りタンニンなめしの革にこだわり続ける「いたがきのものづくり」が職人の伝統を守る京都の街に末長く根付いていけますようにと言う、優しい願いが込められています。
時間をかけてなめされるタンニンなめしの革は型くずれしにくく、使う程に柔らかく艶やかにその風合いを増してゆきます。
一つ一つ丁寧に手作りされた革製品を「いたがき京都御池店」にてご覧くださいませ。
皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

おすすめ商品

京都御池店で一番人気のリュックです。
小さなあぶみがワンポイントの上品なデザイン。
ワンピースやジャケットにも似合う逸品です。

E923 あぶみリュック
サイズ:H230×W230×D130mm     
カラ―:キャメル・ダークブラウン・ブラック
54,000 円(税込)

アクセスマップ

京都市営地下鉄・烏丸線、東西線の「烏丸御池駅」一番出口より東へ徒歩約3分
地下鉄東西線「京都市役所駅」より西へ徒歩約5分
※御池通りと堺町通りの北西角より2軒目のマンション1F、2Fが店舗です
※当店近く御池通地下に「御池地下駐車場」がございます

いたがき 京都御池店周辺マップ

地図を見る

このページの先頭へ