鞄いたがき こぼれ話

Page 1 / 62123451020304050...Last »
  • Entry at
  • 2017
  • 02/17
  • 9:00AM

2017.3.14 Whiteday

今年のバレンタインデーも終わり、3月14日まではまだ少し間がありますが、2月はあっという間に過ぎてしまいます。
ホワイトデーのプランは計画されましたでしょうか?
今回おすすめすしたいのは、カップル・ご夫婦にお似合いのペアキーホルダーです。

■ペアキーホルダーⅠ&Ⅱ 各¥3,240(税込)

このキーホルダーは、キーホルダーⅠとⅡがぴったりと組み合わさる“くぼみ”のあるデザインで、⦅御結婚のお祝いに…⦆とお選びになられる方も多く、隠れた売れ筋商品なのです。その波のようなフォルムは、手の指のくぼみにも優しく沿うので握りやすく、適度に革の厚みがあるのでタンニンなめし革の風合いも十分に味わうことができます。
新千歳空港クラフトスタジオ店では、カップルやご夫婦がお互いの名前を刻印し、北海道の旅の記念としてもご購入いただいております。

http://www.itagaki.co.jp/products/key.html

永くご使用できて、愛着の湧くタンニンなめし革だからこそ、大切な方とペアでそろえてみてはいかがでしょうか?

直営店では、ネット販売で取り扱いのあるキャメル、ブラック、ダークブラウン、レッドに加えて、イエローもご用意しております。
5色の中からお好きな組み合わせでお包みいたします。
2017年のホワイトデーは、末永くお二人の愛を誓う革製品はいかがでしょうか

〈 アクセス 〉

新千歳空港ターミナルビル2F
スイーツアベニュー内 一番奥
小樽洋菓子舗ルタオさん横
※インフォメーションをご利用の場合は、
クラフトスタジオとお尋ね下さいませ。

投稿者:クラフトスタジオ店

  • Entry at
  • 2017
  • 02/10
  • 9:00AM

<いたがき麻布十番店 閉店のお知らせ>

平素よりご贔屓を賜り誠にありがとうございます。

このたびは大変残念なお知らせになりますが、平成7年4月2日に開店し、弊社の東京の窓口として20有余年に渡り、皆様にご利用いただいてまいりました麻布十番店は今年平成29年2月28日をもって閉店することとなりました。

当時は東京に店舗を出すという初めての大きな試みで、創業者二人が自らお客様をお迎えしました。現在、大変ご好評をいただいている名入れサービスは、麻布十番店での販売を通して、お客様により満足していただきたいという思いから生まれたものです。

これまでのご愛顧に感謝の気持ちを込めて、閉店まで精一杯営業してまいります。

28日までの残されたわずかな期間ではございますが、どうぞ麻布十番店をご利用くださいませ。

麻布十番店閉店後は、3月で開店6年目を迎える「京王プラザホテル新宿店」にて業務を引き継ぎ、今まで同様ご愛用の鞄、革小物のお手入れや修理の相談などを承りますので引き続き変わらぬご愛顧の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

<麻布十番店スタッフより>
これまで多くの皆様より長年に渡るご愛顧をいただき、心より御礼申し上げます。
「贈り物はいつも麻布十番店で」「ゆったりと買い物できるのが好き」。
そんなお声をいただけることが何よりも嬉しく、皆様に支えられて今日まで営業してまいりました。
麻布十番と言う都会と下町の良さを併せ持った街で開店して20余年、製品を通して大きく広がった輪をこれからもいたがきの販売員として大切にして行きたいと思います。長い間本当にありがとうございました。

麻布十番店
〒106-0045 東京都港区麻布十番2—21—14—1F

京王プラザホテル新宿店
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2丁目2番1号
京王プラザホテル 南館ロビー階

投稿者:麻布十番店

  • Entry at
  • 2017
  • 02/01
  • 9:00AM

今月のおすすめ品 Vol.67

今月のおすすめ商品は、2月14日にバレンタインデーを控えておりますので、男性への贈り物としておすすめの商品を3点ご紹介したいと思います。
チョコレートを添えて贈られてはいかがでしょうか?

■B190 シンプル札入れ ¥7,560(税込)

シンプル札入れ

社長がドイツで創った工房で、10年以上前に製作された札入れを参考してつくられたアイテム、非常に軽量で薄型なのが特徴です。
お尻のポケットに入れてもかさばりませんし、ワイシャツの胸ポケットに入れてお使いになられても、すっきりと収まります。
お札の出し入れもしやすく、札バサミとはまた違ったスマートさのあるお財布です。
あえて1枚革で仕上げておりますので、革の「しなやかさ」や「肌触り」が直に感じられ、より愛着の増す逸品です。

【カラー】 ボルドーワイン・グリーン

■B113 鞍ドル入れ ¥12,960(税込)

馬蹄ドル入れ

いたがきを代表する“鞍シリーズ”のモチーフを取り入れたコインケースです。
内装も革で仕上げたオールレザー商品なので、上質な革を味わえるのは勿論、ルガトー革の存在感あるデザインとなっており、先にご紹介した札入れと併せてお使い頂くのをおすすめしております。

【カラー】ボルドーワイン・グリーン

■E289 ベルト35mm ¥10,800(税込)
昨年末に販売を開始いたしました、一枚革ベルトの新サイズです。
一枚革のシリーズは、皆様から好評を頂いておりまして、ご自分用にも贈り物にもご利用下さる方の多い、隠れた名品です。革の一番良いところを裁断して製作されますので、タンニンなめし革を存分に味わうことの出来るアイテムで、10年以上ご愛用下さるお客様も沢山いらっしゃいます。この度、新たに加わった35mmは仕事用にも普段用にも使いやすいサイズとなっていますので、贈り物にもおすすめです。

【カラー】 キャメル・ブラック・ダークブラウン (110㎝のウエストまで対応)

.

2月14日(火)までの期間、直営店のみでバレンタイン無料特別ラッピングをご用意しております(数量限定)
お気軽にご利用下さいませ。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。

投稿者:クラフトスタジオ店

  • Entry at
  • 2017
  • 01/30
  • 10:00AM

北海道新幹線×鞄いたがき コラボ商品

.

2016年3月26日に待望の開業を迎えた、北海道新幹線。

いたがきでは地元北海道の企業として、新幹線とのコラボ商品を製作しています。

H5系のロゴを型押したコースター、注目の最上級席のシートの白い革を使ったパスケース・IDケース・マウスパッドの4種類です。

.

北海道の旅の思い出に、ぜひチェックしてみてください。

.

北海道新幹線とのコラボ商品は、函館-札幌間の特急「スーパー北斗」「北斗」の車内販売にてお求めいただけます。(一部の便では実施なし)

詳しくはJR北海道のホームページをご覧ください。

※いたがきでは販売しておりませんのでご注意ください。

.
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/goods/09.html
( JR北海道 北海道新幹線H5系グッズ紹介ページ)
お問い合わせ先:JR北海道 客室乗務員センター TEL:011-261-6819

投稿者:企画部

  • Entry at
  • 2017
  • 01/20
  • 9:00AM

北海道ブランドⅡ

新千歳空港クラフトスタジオでは、鞄いたがきだけでなく、北海道で活動される作家さんたちから生み出された手作りのアイテムを多数取り扱っています。

北海道ブランドのご紹介:第2弾は羊毛フェルトを使った愛らしいグッズを作っている作家の「k’iina」さんです。

中でも新登場の“シマエナガ”別名、雪の妖精とも言われる白い鳥をモチーフに取り入れたシリーズは酉年にちなんで大好評だそうです。

“シマエナガ”という鳥は、毛が白くて雪だるまのようにぷっくりとした体形がかわいらしく、日本国内では主に北海道に生息する人気の野鳥です。その丸いかわいらしフォルムを忠実に再現されたウェルカムボードは、手作りなので世界に1つしかない限定品。その手作りのあたたかさは、くつろぎのお部屋を演出してくれます。

雪の妖精“しまえなが”

他にも、リスやアルパカなどのシリーズも作られていて、きっとお好みの作品が見つかるはず。クラフトスタジオ店の入り口に並べられておりますので、ぜひご覧ください。

.

そして鞄いたがきでは、1月31日(火)まで恒例の春財布フェアを実施中。新作の三つ折り札入れも販売開始しております。

カードが12枚入るデザインで、カードが増えて困っているという方におすすめ。

詳しくは、前週のブログをご覧ください。http://www.itagaki.co.jp/blog/

また、いたがきクラフトスタジオ店では、当店だけの特別版「北海道マーク」をご用意しております。北海道旅行の記念や、北海道が大好きな皆様にぜひともご利用頂きたいと思います。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

〈 アクセス 〉

新千歳空港ターミナルビル2F
スイーツアベニュー内 一番奥
小樽洋菓子舗ルタオさん横
※インフォメーションをご利用の場合は、
クラフトスタジオとお尋ね下さいませ。

投稿者:クラフトスタジオ店

  • Entry at
  • 2017
  • 01/13
  • 9:00AM

春財布フェア・金運上昇“御金神社”

<縁起の良い“春財布”はいかがですか?>

いたがき直営店では1月31日(火)まで、恒例の「春財布フェア」を開催中です。

初登場のコンパクトな折り財布から通帳が入るサイズの長財布まで、カラーも豊富に取り揃えて皆様をお待ちしています。フェア期間中に小銭入れを含む、お財布をお買い上げの方には「福・招き猫」のお守りのプレゼントもあります。(数量限定)

また、以前の京都ブログでも春財布にまつわる縁起や、お手入れ方法などをご紹介しています。ぜひ参考にしていただき、新しい年に“縁起の良い”新しいお財布をお求めください。

※お財布のお手入れについて(http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=8638

※縁起の良い日に春財布を (http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7378)

<日本で唯一 “お金”にまつわる御金神社>

いたがき京都御池店の前を通る「御池通り」を西へ10分ほど歩いた「西洞院通り」を少し入った場所に、全国的にもめずらしいお金にまつわる“御金(みかね)神社”があります。

閑静な民家の間に現れる、金箔貼りの黄金鳥居が目印です。

ここには日本神話に登場する「いざなぎ」・「いざなみ」の皇子である金山毘古神がまつられています。この神様は鉱山・鉱物の神として、人間の生活の中で用いられる金属全般にご利益を授けることから、現在では「金運を司る=お金の神様」としても広く知られるようになりました。

他にも天照大神(あまてらすのおおみかみ)、月読神(つきよみのかみ)もご祭神としてまつられ、このうち月読神が夜の神様であることから、神社ではめずらしく夜間でも自由に参拝することができます。

金運上昇のパワースポットとして、宝くじの当選祈願などにたくさんの人が訪れます。

春財布を買った後に、お金にまつわる「良いご縁」の祈願をされてはいかがでしょうか。

今後もいたがき京都御池店より、皆様へ旬な京都情報をお届けして参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

<2017年1月ものづくり教室>

毎月「京都御池店ものづくり教室」を開催しております。

『4連キーケース (6色)

日にち:14日(土)・28日(土) ※事前予約制

時間:11時・131日2回(各回定員4名様)

参加費:キャメル・黒・ダークブラウン ¥2,160(税込)

¥3,240(税込)

RUGATOボルドー・グリーン ¥5,400(税込)

■ご予約:いたがき京都御池店(11時~19時)TEL/075-222-5656

※ご希望の時間帯が埋まる可能性がございますので、お早目にご予約ください。

鞄いたがき 京都御池店

〒604-0825 京都市中京区御池通堺町西入御所八幡町233 Mezzo御池 1F・2F

TEL:075-222-5656

Email:kyoto@itagaki.co.jp

【営業時間】 11:00~19:00(1月は定休日なしで営業しております)

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2017
  • 01/06
  • 9:00AM

麻布十番店より新年のご挨拶を申し上げます。~春財布フェア~

麻布十番店より、新年のご挨拶を申し上げます。

旧年は沢山の方にご愛顧いただき、誠にありがとうございました。今年も、いたがき製品を通してお一人でも多くのお客様に素敵な一年をお過ごしいただけますよう精進して参ります。

さて、いたがき各直営店では今年も1月10日(火)から1月31日(火)まで、ご好評の「春財布フェア」を開催いたします。

春に購入する「お財布」は、(お金がたくさん入ってぱんぱんに)張る財布とも言われ、大変縁起がいいと言われています。

今年のフェアでは、コンパクトながらカードが12枚収納できる新作「3つ折り財布」をはじめ、様々な人気デザインのお財布を取り揃えております。お選びの際は、どうぞ実際に店頭でお手に取って頂き、ご自身の手にしっくりと来るもの、ライフスタイルに合わせたものをお探しください。迷った際は、お気軽にスタッフにもお声掛けくださいませ。

またいたがきでは、自社製品の修理も承っております。毎日使うお財布は、ぜひ長くご愛用いただける丈夫なものをお選びください。以前お求めになったお財布も、店頭でお手入れさせていただきますので、お気軽にお申し付けください。

またフェア期間にお財布をご購入のお客様には、先着で「福・招き猫」をプレゼントいたします。

ぜひお守りとして、小銭入れに入れてお使いくださいませ(数に限りがございます)。

皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

◆2017年春財布フェア

期間:1月10日(火)から1月31日(火)

開催店舗:赤平本店、京王プラザホテル札幌店、クラフトスタジオ店、京王プラザホテル新宿店、麻布十番店(※火曜定休)、京都御池店

◆2017年初売り

期間:1月9日(月・祝)まで開催中。

開催店舗:赤平本店、京王プラザホテル札幌店、京王プラザホテル新宿店、京都御池店

※麻布十番店、新千歳空港クラフトスタジオ店は初売りを開催いたしません。

※初売り期間中は、店舗によって営業日・時間が異なりますのでご注意ください。

http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=11499

◆麻布十番店年始のお知らせ

麻布十番店の2017年の営業は1月7日(土)11時からとなります。

投稿者:麻布十番店

  • Entry at
  • 2017
  • 01/02
  • 9:00AM

イタリア輸入靴フェア開催中

いたがき赤平本店、京王プラザホテル新宿店、京都御池店の3店舗では、“イタリア輸入靴フェア”を開催中です。

イタリアのトッレサンパトリジオにある伝統的な靴のブランド「Benson’s」よりヨーロッパならではの美しいフォルムが好評のレディース・ブーツ、レディース・ローファーやメンズ・シューズを取り揃えております。また、フェアでは特別に従来の価格より40%オフにてご購入いただけます。

―良いものを永く愛用して欲しい―。いたがきの「ものづくり」の原点でもある、その思いにふさわしいイタリア製の革靴は、すべてハンドメイドにこだわった品です。50年以上続くイタリアの工房で、熟練の職人が一つ一つ丁寧な手仕事を施し、100の作業工程を経てようやく1足が完成します。

履き心地も安定感があるため疲れにくく、革にも柔軟性があるので履くほどに足に馴染んでいく素晴らしい逸品。

靴底も革ですので雨や雪の日には向きませんが、すり減った部分も靴の修理店などで張り替えることができ、いたがき製品と同じようにお手入れクリームを使ってメンテナンスをしながら、ずっと大切に使い続けることが出来ます

サイズはレディースが2種35~39インチ(日本サイズで約21,5cm~25,5cm)、

メンズが3種・各1色で41~43,5インチ(日本サイズで約26cm~28,5cm)。

お店にサイズを取り揃えております。職人技が光る上質な靴の履き心地を、この機会にぜひ一度お試しください。(各色、サイズとも数に限りがございます。)

■Benson’sレディース・ローファー(コニャック・ホワイト・レッド)

従来価格:54,000円(税込)→フェア特別価格:32,400円(税込)

■Benson’sレディース・ショートブーツ(ワイン)

従来価:54,000円(税込)→フェア特別価格:32,400円(税込)

■Benson’sメンズ・ローファー(コニャック)

従来価格:70,200円(税込) →フェア特別価格:42,120円(税込)

■Benson’sメンズ・コンビローファー(ホワイト×ネイビー)

従来価格:64,800円(税込)→フェア特別価格:38,800円(税込)

■Benson’sメンズ・紐靴(オックスブラッド)

従来価格:86,400円(税込)→フェア特別価格:51,840円(税込)

<お問い合わせ>

※イタリア靴取り扱いは下記の3店舗のみ(一部店舗は2017年1月3日より営業)

いたがき赤平本店:TEL/0125-32-0525(10:00~17:00 年末年始休)

いたがき京都御池店:TEL/075-222-5656(11:00~19:00火曜定休)

いたがき京王プラザホテル新宿店:TEL/03-5325-2663(10:00~19:00年中無休)

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2017
  • 01/01
  • 9:00AM

2017年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

謹んで皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

いたがきはタンニンなめしの革製品を北海道赤平で作り始めて今年で35年目を迎えます。

創業当時はタンニンなめしの革の良さを知る人はとても少なく、まずは使ってもらい、

その良さを納得していただくのに長い年月がかかりました。

お客様に革を知っていただくことと同時に、ものづくりの仕事を覚えてもらう”人育て”もいたがきにとって大事な行いでした。

地元の方にも支えていただき、全国で販売する機会を与えていただきながら

じっくりと時間をかけ、ようやく”今”へと繋がりました。

創業当時と現在では北海道はもちろん、世界的にもあらゆる面で大きな変化を遂げており、振り返ってみると、いつも時代に引っ張ってもらい、その流れの中に自分達がいたことを実感いたします。

いたがきの今一番の課題である、未来へ繋がる若い作り手を育てていく事ももちろんですが、それぞれの成長に合わせながら時代のニーズもキャッチして、皆様”使うプロ”のためのものづくりをいつも目標に、これからも変わらず日々精進して参りたいと思います。

これからもどうぞ皆様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成29年 元旦

株式会社いたがき

二代目社長 板垣 江美

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2016
  • 12/23
  • 9:00AM

京都の年越し・除夜の鐘

25日のクリスマスが終わると、あっと言う間に大晦日がやって来ます。

京都では、12月はクリスマスと言うより「年の瀬」の風情を感じる行事の方が多く、

寺社仏閣でも大掃除にあたる「煤払い」があり、今年一年の厄を払い厳かに新年を迎えるための準備が行われます。

そして大晦日には、街中の寺院で除夜の鐘が響いて「今年も無事に過ごす事が出来た」と感謝の気持ちで耳を澄ます瞬間が訪れます。

2016年最後のブログでは、京都のおすすめ除夜の鐘をご紹介いたします。

「総本山・知恩院」

東山の丸山公園北に位置する「知恩院」では日本最大級と言われる“大鐘”が有名です。

12月31日の大みそかには、「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声のもと、総勢17人の僧侶が力を振り絞って、 一打一打鐘を打ち鳴らします。全身を使って打たれる鐘の音はとても大きく、そのダイナミックな動きにも圧倒されます。

一般参拝者は鐘を打つことは出来ませんが、ぜひ日本一の大鐘の迫力を間近で体感してください。

知恩院公式HP(http://www.chion-in.or.jp/index.php

「比叡山延暦寺」

NHKの「ゆく年くる年」の中継でもおなじみの比叡山延暦寺では、31日には整理券(幸先矢(こうせんや)購入者)を持った方が5人1組で順番に鐘をつくことが出来ます。

根本中堂では法話や、人間の心の悪業である貪り、怒り、妬みを表す鬼が舞い、それらを修行僧がこらしめて改心させるという追儺式も行われ、甘酒や大根炊きの無料接待の他に、年越しのそばも振る舞われます。

古くからの聖域で、厳かに新しい年を迎えてみてはいかがでしょうか。

延暦寺公式HP(http://www.hieizan.or.jp/

「宇治・平等院」

10円玉で有名な鳳凰堂のある「平等院」。世界遺産にも指定されていて、JR奈良線・宇治駅や、京阪電鉄宇治線・京阪宇治駅から歩いて約10分のところにあります。

鳳凰堂のすぐ隣にある鐘楼は、鳳凰堂と同じ年代に鋳造されたとされ、国宝にも指定されている“日本三名鐘”の一つ。つくことが出来る鐘は復元されたもので、本物は平等院ミュージアム「鳳翔館」に保管されています。除夜の鐘は大晦日の23:30から1:00頃まで。一打5から6名ずつ撞き、先着1,000名に行事限定の絵馬が配られます。

復元とはいえ、日本三名鐘をつくという貴重な体験ができる寺院です。

平等院公式HP(http://www.byodoin.or.jp/

ご紹介した他にも、たくさんの寺院で「除夜の鐘」を体験することが出来ます。

年に一度の機会、ぜひ一年の厄を落として良いお年をお迎え下さい。

投稿者:京都御池店

Page 1 / 62123451020304050...Last »
このページの先頭へ