鞄いたがき こぼれ話

  • Entry at
  • 2010
  • 08/27
  • 9:00AM

赤れんが庁舎

赤レンガ庁舎前のお花もきれいです。

札幌の観光ガイドブックに必ずと言っていいほど登場する、有名な「北海道庁旧本庁舎」

通称“赤れんが庁舎”は、JR札幌駅から徒歩5分、我が京王プラザホテル札幌店からも約5分の距離にあります。

明治21年(1888)に完成した、アメリカ風ネオ・バロック様式のれんが造りの庁舎は、建築資材の多くに道産品を使用、明治42年(1909)の火災時には、内部は焼失してしまったそうですが、幸いなことに赤れんが壁は大きな損傷もなく、今現在までも赤く美しい姿のまま北海道のシンボルとなっています。
庁舎内の施設も見学出来るようになっていて、北海道の歴史に関する文書や記録を保存している「北海道立文書館」や「観光情報コーナー」などがあり、その中のひとつ「国際交流・道産品展示室」には、2008年に開催された北海道洞爺湖サミットにおいて、高橋はるみ知事から各国首脳に贈られたメッセージボードが展示されています。北海道庁よりご指名をいただき、我が社が製作させていただいたメッセージボードが、北海道を代表するものとして、ショーケースの中に飾られているのを見ると、光栄であると同時にとても身の引き締まる想いでいっぱいになります。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 08/26
  • 2:47PM

2010麻布十番納涼祭り

 夏も終わりに近づいてますが、暑い日が続いていますね。

 東京でも有数な人数が集う麻布十番でのお祭りです先週行われました麻布十番まつりには、暑い中でも多くの人出があり(例年ですが・・)いたがき麻布十番店も賑わいをみせた3日間でした。外ではくじ引き、ドリンク・北海道銘菓の販売などが好評で、くじ引きの景品には鞄や革小物たちも登場したことで、少しはサプライズになったでしょうか。【右:麻布十番祭り光景】 

 運よく鞄が当選したTOMOさんがご自分のブログで紹介をして下さっています。

◆TOMOさんのブログ記事:http://yaplog.jp/tomonoburogu/archive/869

 

また、はずれてしまった方にもお名前刻印が出来るタグやものづくり講習券のプレゼントがあり、喜んでいただけたと思います。タグは、お祭り後も店舗の方で販売しておりますので、ご来店の際にはお声をかけてくださいませ。 今年、来られなかった方も来年はぜひ、遊びに来てください。楽しい、そして熱い企画をご用意してお待ちしております。【左:店舗前で準備中】

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 08/20
  • 9:00AM

M522リュックサック

右手にはペットボトルも入るポケットがあります

例年では、お盆を過ぎると涼しくなる北海道ですが、今年はまだ暑い日が続くそうです。

本州から来たお客様でも、『暑いね・・・』とおっしゃるほど今年はここ札幌も暑い夏のようです。
さて、お散歩が楽しい季節が続きますが、歩く時にはバランスが取りやすいリュックがおすすめです。 いたがきでお作りしておりますリュックサックは現在3種類。以前紹介しました「E923あぶみリュック」に続き、今回は「M522リュックサック」を紹介させて頂きます。
硬い革と柔らかいソフトタンニンのコンビネーションのシリーズのリュックサックは、本体には柔らかいソフトタンニン革を、かぶせと底、背面の強度が必要な場所にはハード革を使用しています。背中に硬い革を使用することで、使っていくうちに自然と使用する人の背中にフィットしていきます。また、口紐と背負いバンドがつながっているため、背負った時には自然と口が閉まり、うっかり閉め忘れるということがなく、後ろから手を入れられる心配もありません。本体横にはファスナー付きポケットと、ペットボトルも入るポケットがそれぞれ左右に付いています。作り手が、自分も使い手になり、どうすれば使いやすいかを考えた結果生まれた、アイデア満載のリュックサックです。是非実際に背負いやすさを実感いしてくださいね!http://www.itagaki.co.jp/products/items/M522.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 08/17
  • 10:43AM

暑中お見舞い申し上げます。

今年は例年に増して暑い日が続いていますね。皆さま、いかがお過ごしでしょういたがき麻布十番店か?
麻布十番では、8月20日(金)21日(土)22日(日)と夏の風物詩であります‘十番まつり’が行われ、毎年大勢の人が来られています。この3日間、「鞄のいたがき」麻布十番店でもお祭り気分を感じていただこうと、通常商品の販売はもちろん、様々な商品をご用意しましてラッキーくじの販売を行います。また、昨年も好評でした限定キーホルダーもご用意しております。ぜひ、この機会にお求めくださいませ。
夏の終わりが近づいて来るそんな日に、ご夫婦や友人と、またお子様、お孫様とご一緒に十番まつりで過ごされてはいかがですか。
スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。

《営業時間延長のお知らせ》
十番まつりの3日間は、午後8時まで営業しております。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 08/13
  • 9:00AM

流政之氏の作品と知事公館

「サキモリ」

世界的に有名な彫刻家『流政之』氏が今年6月、いたがき本社があります、赤平に作品を寄贈して下さいました。タイトルは「サキヤマ」、採炭現場の第一線に立ち、山を切り開く役目だった先山魂の心意気を後世に伝えようと創られた作品で、赤平を守るシンボルとなっています。http://www.itagaki.co.jp/tsuushin/vol_007.html

流氏の作品は、札幌市内でも見ることが出来ます。我が京王プラザホテル札幌店から徒歩約20分の距離、北海道知事公館もその一つ、2005年に北海道に寄贈された「サキモリ」という彫刻が設置されています。「サキモリ」は、古代北九州の守備にあたった兵士のことだそうです。そして、知事公館は登録有形文化財に指定された歴史ある建物。あまり知られていないようですが、誰でも見学が出来るように公開されています。

応接室

建物の中は、知事が実際に公務で使用している応接室、食堂などが見学出来、外の構内は芝生が整備されていて、小さいお子様を連れた家族やお散歩にいらした方など、道民の憩いの場として親しまれているようです。

「知事公館」、場所は北海道立近代美術館のすぐ隣、札幌市中央区北1条西16丁目、公共機関を使うと地下鉄東西線西18丁目徒歩5分の場所にあります。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 08/06
  • 9:00AM

TE1561タウンボストンワイド

直営店限定ボルドー色です。

憧れだった、黒のタウンボストンワイドを使い始めて約半年。最初の頃は、「あ、また傷がついた・・・」と恐る恐る使っていたバッグも、今はとても落ち着き、最初の頃付けてしまった傷は、もう周りの革と馴染んで目立たなくなっています。ハンドルもしっとりと手に吸い付くような手触りになり、とても持ちやすくなりました。

上品で女性らしい形のこの鞄を、通勤用と普段使いに、またフォーマルな場面でも使えるようにと(つまり毎日使いたいと・・・)黒を選びました。1991年に誕生したタウンボストンのワイドサイズが登場したのが昨年春。(製品誕生についての紹介についてはこちらをご覧下さいねhttp://www.itagaki.co.jp/blog/?p=159) それ以来、今までの定番の形と同じくらい人気の商品となっています。
そして、現在、こちらのタウンボストンワイドのボルドー色を限定数量、直営店限定品としてお作りしました。我が京王プラザホテル札幌店でも一際存在感を放ち、美しく輝いています。こちらのボルドー色、ホームページ上では販売しておりませんので、是非、直営店にお問い合わせ下さいね!http://www.itagaki.co.jp/products/items/TE1561.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/30
  • 9:00AM

札幌市資料館

札幌市資料館

大通公園の西の端、西13丁目にあり一際存在感のあるレトロな建物「札幌市資料館」を見学してきました。もとは札幌控訴院のちの札幌高等裁判所として大正15年に建てられ、国の登録有形文化財にも選ばれた歴史的建築物。刑事法廷展示室や法と司法の展示室、大通公園に焦点を当てた札幌の歴史文化を紹介する街づくりの歴史展示室があり、貸しギャラリーでは、一般の方の絵画や書道の個展なども開催されていて、文化、芸術に触れることが出来る施設です。中でも、札幌出身の漫画家であり画家でもある『おおば比呂司』さん(きっと皆さんも一度は目にしたことがある北海道の有名なお菓子のパッケージをデザインした方)の記念室はとても興味深く、気軽に芸術に触れることが出来る場所です。 

初めて中に入ったのですが、札幌の街中にもこんなふうに気軽に歴史や芸術に触れることが出来る場所があり、札幌に住んでいながらもまだまだ知らない魅力があることを知りました。

これからも、京王プラザホテル札幌店周辺のおすすめスポットを随時紹介していきたいと思っておりますので、皆様、お付き合いどうぞ宜しくお願いいたします!
刑事法廷展示室

「札幌市資料館」、興味を持たれた方は、我が京王プラザホテル札幌店からは、歩いて約15分<公共機関を使うと、地下鉄東西線 西11丁目から徒歩5分>とお散歩するにはちょうど良い距離にありますので、是非お散歩コースに取り入れてみてくださいね!

 

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/23
  • 4:46PM

麻布十番店お楽しみ会の報告と特別企画について

まだまだ夏バテには早すぎる今日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

連休3日間に開催をしました、麻布十番お楽しみ会は無事に終了し、暑い中、多くのお客様にご来店頂けたことに感謝しております。メロンや野菜が当たるくじ引きももちろんのこと、初企画の鞄フォトコンテストもなかなかの好評を頂きました。賞の発表はしばしお待ち下さいませ。

取れたてのメロン(写真:右上)

 前回もご紹介しましたが、麻布十番店ではお楽しみ会期間の7月17日(土)からポイントカードを発行しています。\5,000につき1ポイントで20ポイント貯めると、次回のお買い物商品(セール品除外)が5%割引になります。有効期限は、なんと5年もありますので高額商品をご購入されずとも、贈り物などでご利用いただいているお客様には朗報だと思います。こちらは、北海道以外の直営店ならでは、のサービスとなっております。いたがき麻布十番店でお買い物をして、少しずつ貯めてみてはいかがですか?

そして、北海道旅行キャンペーンも引き続き実施しておりまして、応募された方の中から、ペアで1組様、2泊3日でご招待。応募締め切りは8月22日(日)となります。お買い上げ金額1万円以上で、どなたにもチャンスはありますので、ぜひ、この機会にご来店くださいませ。たくさんの方のご応募をスタッフ一同、お待ちしております。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/23
  • 11:22AM

E169ベルト通し付き札入れ

コンパクトでシルエットも気になりません

とにかく身軽に出掛けたい時におすすめなのが、「E169ベルト通し付き札入れ」です。

その名の通り、ベルトに付けるタイプのお財布で、お札は長く二つに折って入れ、小銭は内ポケットに、カードも収納可能です。身につけているのを忘れてしまうくらいのコンパクトさで、旅行やお散歩の時には鞄を持たずに出掛けることも可能。スーツなどを着た時のシルエットも気になりません。

先月、赤平本店、京王プラザホテル札幌店それぞれにHBCラジオの中継に来て頂いたのですが、父の日のおすすめ商品として、こちらのベルト通し付き札入れを紹介したところ、お陰様で多くの方にお問い合わせ頂きました。そして実際に手に取り、ご覧になったほとんどのお客様がなるほどと感心して下さるこのお財布は、当時あるお客様のご希望を社長が特注で製作、その後許可を頂き商品化したものです。

お札、小銭、カードが入ります

あらためて皆様に商品を紹介しながら、構造、使い勝手、デザイン、どれをとっても見ればみるほど、我が会社社長ながらも尊敬するばかりで、ものづくりに対する姿勢はもちろんのこと、更に日々いろいろなことを教えてくれる人生の大先輩としても、社長に少しでも近づいていけるよう、我々も努力していきたいと思っております。http://www.itagaki.co.jp/products/items/E169.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/16
  • 9:00AM

北大植物園2

いろいろな種類のバラが咲き誇っています。

7月の半ばも過ぎ、もうすぐ夏休み。札幌に旅行にいらっしゃる方が増えているようです。

そんな旅行客の方に是非足を運んでいただきたい、京王プラザホテル札幌店近くのおすすめスポットの紹介です。 今回で2度目の紹介となりますが(前回の紹介はこちら→http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=678)、お店から徒歩で約3,4分、「北大植物園」は、現在バラが見ごろを迎えています。

園内の「バラ園」には、約20種、200株色とりどりのバラが咲き誇り、バラの周囲には様々な植物が植えられていて、沢山の花が集まる園内の見所の一つとなっています。 南側にはつるバラのアーチがあり、中をくぐると、バラの香りにふんわりと包まれ、ここが札幌の中心だということを忘れてしまうような雰囲気です。バラ園の他にも、カナディアンロックガーデンや高山植物、温室など、都会の中でも緑をふんだんに感じることが出来る場所です。

つるバラのアーチ

ちなみに、我が店舗があります、京王プラザホテル札幌では、「北海道大学植物園」を眼下に見下ろすことが出来る客室もあり、夏は青々とした緑が美しく、春には桜、秋には紅葉と、札幌の季節そのもの感じることが出来るそうです。

旅行のガイドブックにはあまり載っていない、「北大植物園」、お時間がある方は、是非お立ち寄りになってみてくださいね!

投稿者:京王プラザホテル札幌店

このページの先頭へ