鞄いたがき こぼれ話

  • Entry at
  • 2010
  • 06/25
  • 9:00AM

E604文庫本ブックカバー

右側が文庫本サイズ、左側が新書本サイズです。

読書をこよなく愛する方のこだわりといえば、「ブックカバー」ではないでしょうか。

大切な本を守るためだったり、通勤時間を利用した読書には特に必需品ですよね。地下鉄や電車などで読書をしているほとんどの方が、本にはカバーをかけていらっしゃるようで、人それぞれ、購入した時にかけてくれる本屋さんオリジナルのカバーだったり、布製のカバーだったりのようです。

いたがきでは、文庫本サイズと新書本サイズの2種類のブックカバーをお作りしています。

どちらもしおり付きで、本体にもしおりにも名前を刻印することが出来ます。我が京王プラザホテル札幌店では、ご自分用にはもちろん、贈り物にもご利用いただいており、今年の父の日のプレゼントでは、文庫本サイズのブックカバーが人気商品のひとつでした。 自分は、文庫本サイズの手帳カバーとして愛用しており、開くたびにふわっと香る革のにおいと、手に吸い付くようなしっとりとした質感のタンニンなめしのカバーは、これからもずっとずっと使っていきたいものの一つです。http://www.itagaki.co.jp/products/items/E604.html

さて、ただいま、赤平本店、京王プラザホテル札幌店で開催中の『レザーエコバッグフェア』、6月27日(日曜日)までの残り3日間です。数が残り少なくなっておりますので、興味のある方は、是非お早めにどうぞ!

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 06/24
  • 12:58PM

お手入れ講習会を開始します!

東京は、梅雨真っ最中ですね。ジメジメと湿度の高い毎日を、みなさまは、どうお過ごしでしょうか?私たち、人間には不快を感じるこの季節ですが、「いたがき」の鞄や小物たちには、ほんのりやさしい季節かと思います。タンニンなめしの丈夫な革には、適度な湿度が必要です。人の肌と同じように考えると解りやすいですね。
大切にご愛用いただいている「いたがき」製品が、雨に濡れた時のお手入れ方法など、当社の商品でご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

写真:お手入れの様子

なお、麻布十番店では、6月30日(水)から毎週水曜日、‘お手入れ講習会’と題しまして、革のお手入れ方法をお伝えしていきたいと思います。商品ご持参の上、お気軽にスタッフまで声をかけください。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 06/18
  • 10:00AM

旭山記念公園

展望広場からの眺め

札幌都心部から車で約20分、藻岩山や円山に隣接した高台にある『旭山記念公園』へと、よく散歩に出掛けます。 

先月は桜が見ごろを迎えていましたし、今週はつつじが咲いていました。市街地を広く見渡せる展望台(もちろん京王プラザホテル札幌も見えますよ!)、子供たちが水遊びできる噴水、鳥のさえずりやマイナスイオンいっぱい、散歩するとリフレッシュできる森の散策路など、ゆったりとした時間が流れる市民の憩いの公園です。 個人的には、展望広場の段上テラスに腰を落ち着け、景色を見ながらボーっとした時間を過ごすのがおすすめで、平和で満ち足りた時間が何よりの贅沢だと感じています。 周りを見渡すと、幅広い年齢の多くの方が、札幌の街を見ながら、思い思いの時間を過ごしているようです。

夜景の名所としても知られている旭山記念公園は、昼と夜ではまた違う雰囲気を味わうことができ、いつの時間にいっても癒されること間違いなしです。(駐車場利用時間は6時から22時まで)

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 06/11
  • 9:30AM

レザーエコバッグフェア

色、表情1点1点個性があります。

6月19日(土)~27日(日)、赤平本店、京王プラザホテル札幌店にて、『レザーエコバッグフェア』を開催いたします!

「レザーエコバッグ」は、いつか土に還り得る、環境にやさしいタンニンなめしの革の表面にシワや少しの傷があったりするものを最大限有効利用しようとお作りしている“普段使いの革バッグ”です。革本来の良さを出来るだけ生かすため、表面加工を抑えていますので、色の違いや表情など、1点1点違うのが特徴で、革らしいとても良い雰囲気に仕上がっています。軽くて柔らかいエコシリーズは、ショルダータイプや肩掛けトートなどの種類がございますが、今回のフェアは現品のみの販売となり、ご用意出来るアイテムには限りがございますので、ご希望の商品につきましては、お問い合わせ下さい。是非、実際に手に取り、出会いの商品としてご覧になって下さいね。

期間中、エコレザーシリーズを1万円以上お買い上げ頂いた方に、エコのティッシュケースをプレゼントいたします!なお、京王プラザホテル札幌店は、第3日曜日(6月20日)は定休日となっておりますのでご了承下さい。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 06/04
  • 10:00AM

父の日の贈り物

人気のベルトです。

6月20日は父の日。今年は何を贈ろうかと、父親の顔を思い浮かべ、あれこれと考えながらプレゼントを探すのは、とても楽しいですよね。 お店に来店下さるお客様も、父の日の贈り物をお探しになる方が、増えてきました。

京王プラザホテル札幌店のおすすめ商品は、E255ベルト30mm、E256ベルト40mmです。 タンニンなめしの一枚革を、その厚さのまま贅沢に仕上げたベルトは、一枚革ですので当然最初はとても硬く、穴から外すもの苦労する・・・。お使い下さっている方はもうご存知だとは思いますが、これはタンニンなめし革の特徴で、使用する程に馴染んで柔らかくなり、だんだん身体にフィットしてきます。 先日、3本目となるベルトをお求め頂いたビジネスマンのお客様は、「いたがきのベルトを使うと、他のベルトは使えなくなるね」 と、お持ちのものと色違いのものを追加購入下さいました。
長さは、最長110cmのフリーサイズで、店頭でもお客様ご自身でも長さ調整が可能。 他に、最長124cmまで対応のロングタイプもお作りしております。 
色は、ジーンズやカジュアルな綿のパンツなどに合わせるには、キャメル色がとても良く合い、スーツなどのスタイルには、ブラック、ダークブラウンが人気色です。 詳しくはこちらをご覧下さいね!http://www.itagaki.co.jp/products/belt_pouch.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 06/02
  • 9:00AM

父の日の贈り物に~麻布十番店限定品の紹介~

 この頃の東京は、春を通り越して初夏のような天気が続いていますね。昼間は暑いくらいですが、朝晩の心地よい風がなんとも言えませんね。5月には母の日がありましたが、今月には父の日がやってきます。

 

写真右:麻布十番店限定品「コインケース付札バサミ」

 日頃、目に見えぬ場所で一生懸命に頑張っているお父様へ。また、頑張っているご自分へのご褒美でも・・。ちょっと贅沢な本物の革製品を贈りませんか。疲れた顔にも笑みが溢れるのではないでしょうか。
 ‘鞄のいたがき’麻布十番店では、シンプルな札入れ、カード入、手を握った時にちょうど手の中に納まる小銭入、定番品の丈夫なベルトなどが人気です。

また、麻布店限定品の札バサミにコインケースが付いたコインケース付札バサミもあります。この商品は、通常の札バサミに、小銭入れをつけて欲しいという要望にお応えして麻布店スタッフが商品化した麻布店の限定商品となっています。

お名前を入れて、ぜひ贈り物の一品にお選びください。

尚、6月20日(日)当日まで、プレゼント購入されたお客様には、お楽しみをご用意しております。みなさまのご来店をスタッフ一同、お待ち申し上げております。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 05/28
  • 9:50AM

北海道のお土産に

名前を入れると、その人専用の愛着あるものに。

我が京王プラザホテル札幌店は、ホテルショッピングアーケード内ならでは、札幌に観光や出張でいらした方とのうれしい出会いがあります。北海道で手作り、ということで、旅行の記念に自分用に購入くださる方、お土産にと選んでくださるかたなど、皆様それぞれですが、多くのお客様に、いたがきが行っている名入れサービスをご利用頂いております。 名入れした瞬間、その人専用、世界に一つしかない、とっておきの愛着あるものに変わり、お陰様で皆様に永く大事にお使い頂いております。

札幌は、桜が散り、次は札幌の花であるライラックの季節となりました。

6月9日から13日には夏の最大イベント、よさこいソーラン祭りが開催され、札幌に観光にいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

大通公園のライラック

北海道のお土産といえば、カニやお菓子など、すぐに思い浮かぶ代表的なものが沢山あり、舌の記憶に残る名産品も、お土産に貰うともちろん嬉しいのですが、ずっと手元に残る、自分の名前が入った、何か特別な感じがするお土産、というのも、なかなか良いのではないでしょうか。http://www.itagaki.co.jp/products/name.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 05/21
  • 9:30AM

北大植物園

満開のエゾヤマザクラ

京王プラザホテル札幌店から、徒歩3、4分 『北海道大学植物園』は、まさに都会のオアシス、季節の草木や花が咲く緑豊かな場所です。 先日、待ちに待ったエゾヤマザクラが開花していたよ、とお客様から教えて頂き、まさに見ごろを迎えた北大植物園に行ってきました。

園内「サクラ林」には、梅の花、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノが美しく咲いていました。
ゆっくり見て周ると、1時間から1時間半くらいでしょうか。 中には、北海道最古の博物館があり、重要文化財に指定されているレトロな建物の中には、大きなエゾオオカミの剥製や、南極観測で活躍した樺太犬タロの剥製などが大迫力で展示されています。
北海道最古の博物館

 

札幌の中心部にありながら、これほどまでに自然を感じ取れる場所は他にはないでしょう。

もう少し先、5月末から6月中旬にかけては、札幌の花であるライラックが美しく咲く予定です。 今年の気温だと、例年よりも少し遅れそうだと、職員の方は仰っておられました。
札幌は、自然がたくさんある街ですが、中心部に来たついでのお散歩がてらに、季節の木や花を見てリフレッシュになるのは間違いなし、我が京王プラザホテル札幌店周辺のおすすめスポットです。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 05/14
  • 10:00AM

ぜん屋さん

ぜん屋さん

いたがき京王プラザホテル札幌店の2つ隣、銀座が本店、草履・傘の専門店「ぜん屋」さんは、ホテル正面エントランス方向から1Fショッピングアーケードへ入ってくると、入り口から入って2つ目のお店です。とても上品な和装小物のお店、という印象通りで、素敵な洋傘もあります。 実は、自分もぜん屋さんに魅せられている一人、雨傘を愛用させて頂いております。骨が16本と強風にも耐えうる構造で、万が一、骨や芯棒が折れてもお直し可能と、安心して使っています。 自分が、なぜ、ぜん屋さんに魅力を感じているのかというと、何よりも傘自体がとても美しいこと、そして創業70年という昔からの伝統技術を現在もなお、頑なに守っているというこだわりがあり、一度使うともう手放せないほどにしっかりとした造りであるということ。いたがきとどこか共通するものがあるからのような気がします。

縁取りが手縫いレースの日傘

旬のおすすめは、やはり日傘だそうで、縁取り が手縫いレースの、見とれてしまうほど美しい日傘を紹介してもらいました。
とても品があるのは、やはり手縫いだからだそうです。 いつか・・・憧れの手縫いレースの 日傘が似合う自分になりたいと思っています。
雨傘、日傘ともに、¥12,600~たくさんの種類があり、迷ってしまうほですが、興味のある方は、是非ご覧になってみて下さいね。http://www.ginza.jp/zenya/

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 05/07
  • 9:30AM

札歩路 さっぽろ

ゴールデンウイーク、皆様、いかがお過ごしでしたか?札幌にも多くの方が旅行にいらしたようで、京王プラザホテル札幌店ならでは、ホテル宿泊の方や観光客の方との出会いがあり、その多くの方に、札幌に来て良かった!とお話し頂けるとほっと胸をなでおろし、もっともっと北海道を好きになってもらえるよう、“made in 北海道!!”いたがき製品の良さを熱弁してしまう日が続きました・・・。

貝がらドル入れ

 さて、先月のこととなりますが、毎月第2木曜発行の北海道新聞折り込み、どうしん生活情報誌「札歩路」の北海道庁界隈の特集記事に、我が京王プラザホテル札幌店を取り上げて頂きました。

写真掲載の小銭入れについて、多くのお問い合わせを頂きましたので、ここでも紹介したいと思います。

「E110貝がらドル入れ」は、その名の通り、貝がらをイメージした形の小銭入れです。

本体にキーリングがついており、マチ幅5,5cmとたっぷりサイズで、時計やアクセサリーなどを入れる小物入れとしても使えます。まるい形だからでしょうか、どこか温かみもあり、そこにあるだけで心が和む。 「一度使うと手放せない使い心地」と紹介された記事を見て来店下さった、新たなお客様との出会いのきっかけとなり、大変うれしい出来事となりました。http://www.itagaki.co.jp/products/items/E110.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

このページの先頭へ