<縁起の良い“春財布”はいかがですか?>

いたがき直営店では1月31日(火)まで、恒例の「春財布フェア」を開催中です。

初登場のコンパクトな折り財布から通帳が入るサイズの長財布まで、カラーも豊富に取り揃えて皆様をお待ちしています。フェア期間中に小銭入れを含む、お財布をお買い上げの方には「福・招き猫」のお守りのプレゼントもあります。(数量限定)

また、以前の京都ブログでも春財布にまつわる縁起や、お手入れ方法などをご紹介しています。ぜひ参考にしていただき、新しい年に“縁起の良い”新しいお財布をお求めください。

※お財布のお手入れについて(http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=8638

※縁起の良い日に春財布を (http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=7378)

<日本で唯一 “お金”にまつわる御金神社>

いたがき京都御池店の前を通る「御池通り」を西へ10分ほど歩いた「西洞院通り」を少し入った場所に、全国的にもめずらしいお金にまつわる“御金(みかね)神社”があります。

閑静な民家の間に現れる、金箔貼りの黄金鳥居が目印です。

ここには日本神話に登場する「いざなぎ」・「いざなみ」の皇子である金山毘古神がまつられています。この神様は鉱山・鉱物の神として、人間の生活の中で用いられる金属全般にご利益を授けることから、現在では「金運を司る=お金の神様」としても広く知られるようになりました。

他にも天照大神(あまてらすのおおみかみ)、月読神(つきよみのかみ)もご祭神としてまつられ、このうち月読神が夜の神様であることから、神社ではめずらしく夜間でも自由に参拝することができます。

金運上昇のパワースポットとして、宝くじの当選祈願などにたくさんの人が訪れます。

春財布を買った後に、お金にまつわる「良いご縁」の祈願をされてはいかがでしょうか。

今後もいたがき京都御池店より、皆様へ旬な京都情報をお届けして参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

<2017年1月ものづくり教室>

毎月「京都御池店ものづくり教室」を開催しております。

『4連キーケース (6色)

日にち:14日(土)・28日(土) ※事前予約制

時間:11時・131日2回(各回定員4名様)

参加費:キャメル・黒・ダークブラウン ¥2,160(税込)

¥3,240(税込)

RUGATOボルドー・グリーン ¥5,400(税込)

■ご予約:いたがき京都御池店(11時~19時)TEL/075-222-5656

※ご希望の時間帯が埋まる可能性がございますので、お早目にご予約ください。

鞄いたがき 京都御池店

〒604-0825 京都市中京区御池通堺町西入御所八幡町233 Mezzo御池 1F・2F

TEL:075-222-5656

Email:kyoto@itagaki.co.jp

【営業時間】 11:00~19:00(1月は定休日なしで営業しております)