鞄いたがき こぼれ話

Page 1 / 11
  • Entry at
  • 2022
  • 01/19
  • 10:07AM

2022赤平本店ちいさな冬まつり②

鞄いたがき赤平本店で1月22日(土)~23日(日)の2日間、“第3回ちいさな冬まつり”を開催いたします。
本社スタッフが手作りした雪像の展示や、皆様にも体験していただける雪だるま製作体験コーナー、工房ではものづくり体験も楽しんでいただけます。

その他にも、限定商品の先行販売など盛りだくさんの内容で皆様をお待ちしています。

▶前回ものづくり体験・雪だるま製作体験詳細ブログはこちら

2022赤平本店ちいさな冬まつり① (itagaki.co.jp)

.

■いたがきCafé限定メニュー

本店ショールーム内のカフェでは「お汁粉」の販売や外特設テントにて「がんがん鍋」を販売予定です。

<お汁粉 税込250円>

もっちり白玉5個以上入る熱々のお汁粉です。

カフェにてゆっくりお召し上がりください。

.
.
.

<がんがん鍋 税込350円>

赤平市にある“焼肉のたきもと”の「がんがん鍋」。たきもとの鍋は、色んな具材がたくさん入っていて栄養満点、心も体も温まる鍋となっております。

昔、ストーブの上で鍋をがんがん焚き、がんがん食べたり、がんがん語ったり、がんがん働くという意味で「がんがん鍋」という名前がついたそうです。

(どちらも数量限定での提供となります)

.

今回の冬まつりに向け、スタッフが協力して雪だるまの土台準備を進めています。

小さなお子様にも楽しんでいただける雪像も登場します。

雪像製作途中の写真になります。

.

1月22日(土)~23日(日)は、ぜひ皆様お誘いあわせの上、いたがき赤平本店へお越しください。社員一同、心よりお待ちしております。

.

※ご来店の際はマスクの着用をお願いしております。

※お店入り口や様々な場所に消毒液を置かせて頂きますのでご協力お願いいたします。

※入店時、検温を実施させていただきます。

※混み合いを避けるため、混み合った際、入場制限の措置をとらせていただきます。

※ものづくり体験の内容、開催については変更になる可能性があります。ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。

.

■赤平本店ちいさな冬まつり
期間:2022年1月22日(土)・23日(日)
場所:鞄いたがき赤平本店
(http://www.itagaki.co.jp/shops/honten.html)
営業時間:10:00~17:00 いたがきCafé営業時間 10:00~17:00
お問い合わせは「いたがき赤平本店」まで TEL 0125-32-0525

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2022
  • 01/14
  • 11:15AM

2022赤平本店ちいさな冬まつり①

鞄いたがき赤平本店では1月22日(土)~23日(日)の2日間、本社前の駐車場を会場に【第三回ちいさな冬まつり】を開催いたします。
本社スタッフが手作りした雪像の展示や、皆様にも体験していただける雪だるま製作体験コーナー、工房での“ものづくり体験”もお楽しみいただけます。また、いたがきカフェではこのイベントしか登場しない“お汁粉”も登場します。

☆雪像展示☆
いたがき本社スタッフ手作りの可愛らしい雪だるまや、鞍ショルダーの雪像などを製作予定です。

☆雪だるま製作体験コーナー☆ (随時開催/受付終了15:00)
高さ50㎝程の「雪だるま作りコーナー」をご用意しています。道具の貸出しやパーツ、暖を取っていただくブースもありますので、お子様とご一緒に冬の思い出作りにぜひご参加ください。(天候状況により中止となる場合があります)

.

☆工房ものづくり体験☆ (予約不要/随時開催/受付終了16:00)
工房では小物などを入れる「革トレー」や「キーホルダー」の製作体験を受付いたします。
スタッフが丁寧にレクチャーしますので、初めてでも、お一人でも気軽にものづくりを体験していただけます。

■革トレー制作 :2,500円(税込)

色:キャメル・黒・ダークブラウン・赤・ワイン・モスグリーン

■キーホルダー制作 :1,800円(税込)

色:キャメル・黒・ダークブラウン・赤

※どちらも数に限りがございます。

.

<LLC“リトルレザークラブ”商品の販売会>

「生きものからいただいた大切な革を無駄にしない」

創業者の理念の一つで、革には生きていたときの印として傷のあるものも存在します。

その部分を処分しないで活かしたいという考えから始まった「LLCリトルレザークラブ」。

いたがきの若い作り手が集まって自分達でデザインし、作り上げたオリジナル商品を販売します。

自らが作って販売に立つ、初々しい未来の“職人たち”の作品をお楽しみください。

.

1月22日(土)~23日(日)は、ぜひ皆様お誘いあわせの上、いたがき赤平本店へお越しください。社員一同、心よりお待ちしております。

.

※ご来店の際はマスクの着用をお願いしております。

※お店入り口や様々な場所に消毒液を置かせて頂きますのでご協力お願いいたします。

※入店時、検温を実施させていただきます。

※混み合いを避けるため、混み合った際、入場制限の措置をとらせていただきます。

※ものづくり体験の内容、開催については変更になる可能性があります。ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。

.

■赤平本店ちいさな冬まつり
期間:2022年1月22日(土)・23日(日)
場所:鞄いたがき赤平本店
(http://www.itagaki.co.jp/shops/honten.html)
営業時間:10:00~17:00 いたがきCafé営業時間 10:00~17:00
お問い合わせは「いたがき赤平本店」まで TEL 0125-32-0525

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2022
  • 01/08
  • 9:00AM

新春・春財布フェア

1月31日(月)まで、直営店舗とオンラインショップにて「春財布フェア」を開催中です。

2022年新春に、縁起の良い春財布はいかがですか?

今年のフェアは温かな春の日差しを思わせる、ベルギー・マズア社が仕上げた

“イエロー”カラーのお財布が数量限定で登場。外はイエロー、中はキャメルのダブルカラー仕様です。その他にも定番人気のお財布、小銭入れを豊富にご用意しています。

https://www.itagaki.co.jp/products/springwallet2022.html

イエローやキャメルなどの明るい色の革を汚れから守る為には、こまめなお手入れが肝心になります。店舗でもお手入れサービスを行っておりますので、お気軽にお声がけください。

▶革のお手入れに方法ついてhttps://www.itagaki.co.jp/feelings/maitenance.html

春財布フェア期間中に、小銭入れを含む財布類をお買い上げの方に数量限定で「福招き猫お守り」もプレゼント。新年のお買い物は是非いたがきで。

【京都限定“千鳥”刻印サービス】

京都御池店ではお買い上げの製品に、京都限定のオリジナル「千鳥版」刻印サービスも

行っています。お名前やイニシャルと一緒に、縁起の良い“千鳥”もいかがでしょうか。

「鞄いたがき京都御池店」

▼店舗詳細https://www.itagaki.co.jp/shops/kyoto.html

営業時間:11:00~19:00(火曜定休)

TEL:075-222-5656

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2022
  • 01/01
  • 12:00AM

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

新しく始まる一年が皆様にとってご健勝で幸多き年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

コロナ禍で3年目を迎えるということに驚きは隠せませんが、新しい変異株に脅かされているとは言え、感染予防にも対応できている自分に対して、安心感が芽生えているのも事実ではないでしょうか。

山があるから登る、目標があるから頑張る、問題があるから解決する。

それは私たち人間の本質でもあると思いますので、日々の生活を営む中で、できるだけ医療の力に頼らず身体を大事にして過ごし、少しでも強い体質になっていくように努め、家族の笑顔や季節の美しさに喜びと感動をもらって明日を生き抜く力にし、世の中が少しずつ良くなっていくように、毎日精進していくことがとても大切だと改めて気付かされてたように感じています。

いたがきは令和4年2022年に創業40周年を迎えます。

創業し立ての頃に生みの喜びと苦しみを味わい、ひたすら前を向いてタンニンなめしの革の良さ、ものづくりの文化、それを支える職人技と気質を守ることを貫いてきました。その中でいただいた多くの方々とのご縁が数々の山坂を超える力となり、先に繋がる道標をいただいて今があるように思います。

創業37年の年、3年前に創業者 板垣英三は帰らぬ人となりましたが、思い伝え続けてきたいたがきのあるべき姿はものづくりの現場や製品に、そして私たちの中にも生き続けています。

変わり続ける世の中で、企業として存続し続けるために市場のニーズにも応えながら、肝心な本質は変えずに守り続けていくことで、創業したことへの感謝の気持ちとして、これから10年後の50周年を目指しながら、お客様に喜ばれるものづくりとそれを支える職人の育成に精進して参ります。

今年は多くの皆様に北海道赤平までお越しいただけますようお待ち申し上げています。

変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。

株式会社 いたがき

代表取締役社長 板垣江美

投稿者:京都御池店

Page 1 / 11
このページの先頭へ