鞄いたがき こぼれ話

Page 1 / 11
  • Entry at
  • 2017
  • 05/26
  • 9:00AM

数量限定 特別色“ネイビー”

5月後半に入り、新緑から深緑へと美しく変わりゆく季節になりました。

今回は京王プラザホテル新宿店より、初夏におすすめの限定カラー❝ネイビー❞商品をご紹介いたします。

いたがきの定番色キャメル、ブラック、ダークブラウンに続き、レッド、イエロー、RUGATOモスグリーン、ボルドーなどが登場し、限定カラーのネイビーは一番新しいシリーズです。

誕生のきっかけは、東京の「丸善書店」からメインカラーである深い紺色でオリジナル製品を作れないかというコラボレーションのお話をいただいたことがはじまりでした。過去には、現在のものとは種類の違うネイビー革の商品を発売したことがあり、お客様からも人気の高い色でした。しかし革の色出しが非常に難しく、大量生産が出来ないため、一時だけの幻の商品となっていました。

時は経ち、革の加工技術の進歩と丸善書店からの提案を受け、試行錯誤の末に上品な深みのあるネイビーの発色に成功し、限定カラーとしていたがきの新しいラインナップに加わりました。

ビジネスにも普段使いにも合う、落ち着きのあるネイビーは、黒よりも柔らかい印象で男女を問わずお使いただけます。限定でまだ少ないラインナップながらも発売以来ご好評をいただいております。一部商品にはコラボレーションの証しとして丸善書店のロゴが入っており、丸善の丸の内本店と日本橋店でもお取り扱いしております。

限定ネイビーの製品は京都御池店、京王プラザホテル新宿店の2店舗のみの取り扱いとなっております。

全て数量限定となっていますので、ぜひお早目にお近くの直営2店舗にてご覧くださいませ。皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

■京都御池店

http://www.itagaki.co.jp/shops/kyoto.html

■京王プラザホテル新宿店

http://www.itagaki.co.jp/shops/keio-shinjyuku.html

※限定ネイビーについては、上記2店舗へお問い合わせくださいませ。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2017
  • 05/12
  • 9:00AM

赤平市内スイーツ紹介

赤平本店~さくら~

赤平市ではゴールデンウィークにようやく桜が開花し、木々も色濃い桃色に染まりました。

短い春を楽しみ、これから新緑の美しい季節がやってきます。

今回はいたがき本店から車で約10分、赤平市に根付いて今年で80年の老舗「日高屋製菓」をご紹介します。昭和12年に創業し、今でも多くの市民に愛されている日高屋さんでは、赤平市特産の「胡蝶蘭」にちなんだ「らんまんじゅう」が名物の一つ。

黒糖が練り込まれた生地に、上品な甘さのアンコがつまった素朴なお饅頭です。

市の名前を付けた「秋楓美楽」(あかびら)はスライスアーモンドを散らしたサクサクの生地にホワイトチョコレートがサンドされているお菓子で、こちらは手土産などに人気があります。

たくさんある北海道にちなんだ商品の中でも、本店スタッフのおすすめは「岸辺餅」。

日高屋さんのものは、クルミ入りで醤油の香ばしさも口の中に広がって、何とも言えない美味しさです。

いたがきCafe

また洋菓子も豊富で、中でも一番人気は昔懐かしいイチゴの「ショートケーキ」です。こちらのショートケーキは本店ショールームに隣接されている、「いたがきカフェ」でも土日などの休日に10個限定でお出ししています。

旭川市で焙煎されている深い味わいの「昭平堂」コーヒーと、赤平の歴史ある日高屋さんのケーキをぜひお楽しみください。

本店では5月14日の母の日に向けて、引き続き「母の日フェア」を開催しています。

お母さんに毎日の感謝を込めて、素敵な革の贈り物はいかがでしょうか?

美しい色が好評の「いたがき赤シリーズ」の他にも定番カラーのキャメル、ブラック、ダークブラウンやRUGATOなど、小物や鞄も豊富に取り揃えております。

プレゼント包装なども承っていますので、お気軽にスタッフにお尋ねください。

いよいよ北海道の美しい季節を迎えた赤平へ、皆様のお越しをお待ちしております。

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2017
  • 05/10
  • 9:26AM

ギボシ留めショルダー・ハンドルの取り付け方法

いたがき製品で多く使用している「ギボシ」。

革が馴染むまでは硬く、取り扱いにくい場合がございますので

付け外し方のコツをご紹介いたします。

ギボシ説明書

※ダウンロード・印刷はこちらからどうぞ→ギボシ取り扱い説明書

投稿者:企画部

  • Entry at
  • 2017
  • 05/05
  • 9:00AM

新千歳空港 GWおすすめ商品

<“手縫い実演”を開催しています>

本日5月5日(金)は、赤平本店からものづくり職人が

店頭へ出向き手縫い実演会を開催しています。

間近で職人の手仕事が見られる貴重な時間となりますの

で、ぜひ新千歳空港クラフトスタジオ店へお立ち寄りくだ

さい。皆さまのご来店をお待ちしております。

.

<北海道土産・木彫りアイテム>

GWもいよいよ後半に差し掛かり、新千歳空港も休日を過ごす人達で連日賑わっています。

今回もクラフトスタジオから「北海道といえば・・・」というお土産品をご紹介します。

北海道旭川市に工房を構える【創作木彫さとう】

ご夫婦で制作される木掘りの真ガレイは、本物のカレイを

忠実に再現していて、専門家の目から見ても、とても完成

度の高い作品になっているそうです。

店内で一番大きな作品は、“埋れ木”というとても希少な木材を使用して製作された全長94

㎝の大作です。誰もが目を奪われてしまう迫力の存在感があり、天井から吊るされていま

すが男性スタッフが2名がかりの作業だったそうです。

1つ1つ丹念に手彫りされた作品には、他に梟や熊、魚類など様々ありそれぞれ味わいのあ

る表情をしています。

北海道土産と言えば鮭をくわえた勇ましい“木彫りの熊”が有名ですが、

最近では、梟(フクロウ)も「不苦労」と読んで縁起物として人気が

あります。

北海道らしい素材を使って、いたがきと同じように人の手で作りだす

暖かさがある木彫りの製品。

旅の記念のお土産におすすめです。

.

〈 アクセス 〉
新千歳空港ターミナルビル2F
スイーツアベニュー内 一番奥
小樽洋菓子舗ルタオさん横
※インフォメーションをご利用の場合は、
クラフトスタジオとお尋ね下さいませ。

投稿者:クラフトスタジオ店

  • Entry at
  • 2017
  • 05/01
  • 9:00AM

今月のおすすめ品 Vol.69

今月のおすすめ品は、初夏に向けて軽装になるこれからの季節にぴったりの「鞍 ポシェット2way」です。

小ぶりなシルエットに馬の鞍の印象的なデザインのポシェットは、いたがきの代表作である鞍シリーズのひとつとして、長年愛されてきました。

もともとは乗馬をする方が愛馬へのご褒美として砂糖を持ち歩く習慣から着想を得て誕生しました。

そのため小銭入れ、ハンカチなどお出かけの際にすぐに取り出したい小物の収納にもぴったりです。蓋はマグネットホック仕様ですので開閉もしやすくなっています。

さらにおすすめのポイントは、その名の通り斜め掛けのポシェットとベルトポーチ(40mm幅ベルトまで対応)という2wayの使い方が出来る点です。そのため男、女を問わず、パンツスタイル、スカートスタイル、街歩きからハイキングといった様々なシーンにご活用いただけます。

他の鞍シリーズの鞄と同様に、いたがきのこだわりである上質なタンニンなめし革と、馬具を縫うのと同じタイプのミシンで縫製したしっかりとした作りで、日々使い込むほどに革の味わいも感じて頂けます。

真鍮のあぶみ金具がアクセントになったクラシカルな雰囲気は、振り向くたびに腰元で少しだけ存在感を発し、いつものコーディネートをより引き立てます。ぜひ「鞍 ポシェット2way」とともに初夏のお洒落を楽しんでくださいませ。

E924S 鞍 ポシェット2way ¥26,460税込

http://www.itagaki.co.jp/products/items/E924.html

投稿者:京王プラザホテル新宿店

Page 1 / 11
このページの先頭へ