鞄いたがき こぼれ話

Page 1 / 11
  • Entry at
  • 2013
  • 04/26
  • 9:00AM

母の日フェア

 4月下旬に入りましたが、北海道・赤平では所々に雪が残り、花が咲くのはまだ少し時間がかかりそうです。それでも時々吹くやわらかな風に、春を感じるようになりました。

  只今、いたがき直営店では5月12日まで「母の日フェア」を開催中です。

 毎年この母の日フェアでは「赤」の革を使った製品を取り揃え、定番のキャメルに続く人気色となるほど皆様からご好評頂いております。

 

母の日フェア

 上品な「赤」は使い込むほど艶が増し、深みのある色へと少しずつ変化していきます。

 小銭入、メガネケースやキーホルダーから新作のバッグまで取り揃えておりますので

 大切な人へ「いつもありがとう」の贈り物に末永くお使い頂ける革製品はいかがでしょうか。

 お名前の刻印、ラッピングなども承っておりますのでお気軽にお尋ねください。

胡蝶蘭タグ

 

  また、いたがきからの小さなプレゼントとして、期間中にお買い上げのお客様へ

 オリジナルの胡蝶蘭のタグをお配りしております。(※数に限りがございます。)

 本店ショールームでも、赤シリーズと赤平名産の胡蝶蘭を飾り、いつもより華やかな雰囲気で皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 <母の日フェア>

 期間4月20日(土)から5月12日(日)まで

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2013
  • 04/19
  • 9:00AM

華やかな歴史の面影・長楽館

桜の花は一段落しましたが、まだまだ春の観光シーズン最盛期の京都。

日も長くなり、暖かな風を感じながらゆっくりと街の空気を楽しむには

最高の季節です。

移り変わりの目まぐるしい時代ですが、京都にはふとしたところで昔と

変わらない時間の流れを垣間見られる不思議な魅力があります。

100年前を知っているわけではないのに、そんな空間に出逢うと

たまらなく懐かしい気持ちになります。京都へ来られる方は、そんな体験を

求めておられるのかもしれません。

今回は観光地・東山に建つノスタルジックな洋館「長楽館」をご紹介します。

明治42年“日本の煙草王”と呼ばれた実業家・ 村井吉兵衛の京都別邸として建設され、

外観はルネッサンス様式を基調にした3階建て、部屋ごとに異なる様式で作られており室内の家具も当時の日本では手に入らない舶来物ばかりを集めた、まさに「鹿鳴館をも凌ぐ」と言われたほど豪華な邸宅だったようです。

やがて国内外の様々な貴賓を招く「迎賓館」としての役目も果たすようになり、伊藤博文、山形有朋、大熊重信、イギリス皇太子、ロックフェラー、アメリカ副大統領のフェアバンクスとその滞在客も錚々たる人々でした。

京都を国際都市へと発展させる第一歩としても、長楽館は大変重要な建物だったのです。

昭和61年に京都市指定有形文化財に登録され、現在でもホテル、レストラン、カフェ

として営業しており、当時の調度品に囲まれてひと時の優雅な気分を味わう事が出来ます。

歴史の薫りが漂う館内から窓の外を眺めると、ふと100年前の華やかな時代に

佇んでいるような気持ちになれるかもしれません。

本格的なアフタヌーンティーも楽しめるので、大切な母の日のサプライズにいかがでしょうか。

4月20日から5月12日まで京都三条店、各直営店でも「母の日フェア」を開催致しますので、そちらもお誘い合わせの上ご来店くださいませ。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

<長楽館・公式HP>

http://www.chourakukan.co.jp/#

鞄いたがき 京都三条店

投稿者:京都御池店

  • Entry at
  • 2013
  • 04/14
  • 10:00AM

胡蝶蘭プレゼントサービス

4月も中旬に差し掛かりましたが赤平ではまだまだ雪がちらほら降るような天気が
続いていますが、曇りから陽が覗くと朗らかな暖かさもあるこのごろです。
さて赤平では4月19日から21日までの3日間、赤平市総合体育館にて道内最大規模の蘭の展覧会、らんフェスタも始まりますが北海道随一の蘭の生産を誇る赤平オーキッドさんの御協力の下、本店ショールームではらんフェスタに先駆けて5万円以上お買い上げの方に胡蝶蘭のプレゼントサービスを行っております。

ミニ胡蝶蘭

赤平オーキッドさんの蘭は地中熱を利用して温度調整をしており、地球にも優しく、長持ちすると評判の蘭です。
店内も蘭に包まれて華やかなムードでゆっくりとお買い物を楽しんでいただければと思います。
尚、胡蝶蘭には数に限りがございますのでお早めにご利用下さい。
スタッフ一同、ご来店を心からお待ちしております。

投稿者:赤平本店

  • Entry at
  • 2013
  • 04/12
  • 9:00AM

お店から行けるおすすめ散策スポット紹介

去る4月5日(金)~7日(土)の3日間、麻布十番店「誕生祭」が開催されました。

数多くのお客様にご来店頂き、大盛況のうちに終える事が出来ました。ご来場下さった皆様には心より御礼申し上げると共に、今後とも麻布十番店をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い致します。

今年の東京は例年より桜の開花が早く、3月末には満開を迎えました。

春のさくら坂を上から見下ろす

今はもう葉桜となり、これからは新緑の美しい季節がやってきます。

麻布十番店より徒歩15分程で行ける六本木ヒルズにも緑を眺めながら散策できるスポットが沢山ありますので、今回はその一つをご紹介したいと思います。

六本木ヒルズの脇に「けやき坂」という坂があり、その道を1本麻布十番側へ入ったところに「さくら坂」と名付けられた坂があります。人通りの多いヒルズの喧騒から少し遠ざかった閑静なマンション街にあたり、緩やかな坂沿いには桜の木々が植えられています。

桜のトンネルから

桜の季節は青空越しに淡いピンク色がトンネルの様に続き、ただ歩くだけでもとても癒される美しい空間が広がっています。

普段ヒルズに行くことが多い人でも中々気付かない密かなおすすめの散策スポットです。

これからの季節は木漏れ日に若葉の緑がキラキラと輝く、素敵な景色を楽しむ事が出来ます。その坂を下って歩けば、そのまま麻布十番の商店街へと続く道になっていますので、麻布十番店へお越しの際は散策ルートの一つとして、是非歩いてみてください。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2013
  • 04/05
  • 9:00AM

さっぽろテレビ塔、ただいまお化粧直し中

ホワイトイルミネーションやさっぽろ雪まつりと、このブログでも度々ご紹介している札幌市の大通公園。いたがき京王プラザホテル札幌店からは徒歩15分と、気軽なお散歩にぴったりの場所にあるこの公園の東端に位置するのが、札幌市のランドマークとして市民から愛されている『さっぽろテレビ塔』です。

展望フロアからの眺め:雪が残る札幌大通公園

さっぽろテレビ塔は、札幌市のテレビ放送開始を機に、テレビ、FM等の電波受発信と札幌市内観光の一拠点となることを目的として1957年に建設されました。全長147.2mの塔の内部は、B1Fグルメコート、1Fエントランスコート、2Fレンタルスペース(会議や宴会、ブライダルスペースとして使用可能)、3Fスカイラウンジ、そして最上階の展望フロアで構成されており、スカイラウンジから専用エレベーターに乗ると、約1分で地上から90.38mの高さにある展望フロアに到着。全面ガラス張りで札幌の街並みを360°見渡すことができます。西側の窓からは大通公園が一望でき、春になると芝生の緑が映え、6月はライラック、10月は紅葉、12月はホワイトイルミネーション、2月はさっぽろ雪まつりと、季節ごとにさまざまな景色で私たちの目を楽しませてくれます。

また、夜には街の明かりが宝石箱をちりばめたように瞬き、2010年に世界夜景遺産にも認定された素晴らしい夜景を堪能できます。

いつ訪れても楽しめる、そんなさっぽろテレビ塔は、ただいま10年に一度の塗装塗り替え工事を行っています。

工事中のテレビ塔外観

現在のさっぽろテレビ塔外観

現在は下の部分の塗装が行われており、いつもとちょっと違った要塞のような姿で私たちを出迎えてくれています。総重量約4,290kgもの塗料を使って行われる大規模な工事は6月中旬まで。工事が終了した暁には、一層輝いた姿を見せてくれることでしょう。

この工事に伴って営業スケジュールにも変更があります。詳しくはさっぽろテレビ塔のホームページをご覧くださいませ。

さっぽろテレビ塔公式ホームページ:  http://www.tv-tower.co.jp/index.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2013
  • 04/01
  • 9:00AM

今月のおすすめ品 Vol.21

染井吉野の満開を始めに、あちらこちらで春の花々が咲き誇る季節になりました。

暖かな日差しの下で多くの人が幸せそうに歩く姿を見かけるようになり

京都もいよいよ本格的な春の行楽シーズンを迎えています。

今回のおすすめ品は春のお出かけにぴったりのバッグをご紹介いたします。

M523タウントート(\35,700税込)は本体を柔らかな風合いのソフトタンニンで

仕上げ、ハンドルと口前にハードなタンニン革をあしらったミニトートバッグ。

ふっくらとして優しく、くせのないデザインで幅広い年代の方々にご好評いただく逸品です。

バッグの口前部分にはファスナーが付いている安心設計でサイズは高さが約22cm、幅が約29cmそして底マチも約10cmと適度な大きさがあり、小さな手帳やポーチ、財布、メガネケース等もすっきり入る収納力も魅力の一つです。

また内側、外側ともにポケット、ファスナーポケットが付いているので定期券やハンカチ等もすぐに取り出せます。

一度は定番品から外れた製品ですが「あのトートバッグが欲しい」と言う多くのご要望に応え、今年の限定商品として再登場になりました。

カラーはキャメル、ダークブラウンと持つ人の装いを引き立ててくれる上品なお色を揃えました。(ブラックのみ受注生産となります)

春の日差しに映えるタウントート。限定販売となりますので、是非お近くの直営店にてお求めくださいませ。

投稿者:京都御池店

Page 1 / 11
このページの先頭へ