鞄いたがき こぼれ話

Page 1 / 11
  • Entry at
  • 2010
  • 07/30
  • 9:00AM

札幌市資料館

札幌市資料館

大通公園の西の端、西13丁目にあり一際存在感のあるレトロな建物「札幌市資料館」を見学してきました。もとは札幌控訴院のちの札幌高等裁判所として大正15年に建てられ、国の登録有形文化財にも選ばれた歴史的建築物。刑事法廷展示室や法と司法の展示室、大通公園に焦点を当てた札幌の歴史文化を紹介する街づくりの歴史展示室があり、貸しギャラリーでは、一般の方の絵画や書道の個展なども開催されていて、文化、芸術に触れることが出来る施設です。中でも、札幌出身の漫画家であり画家でもある『おおば比呂司』さん(きっと皆さんも一度は目にしたことがある北海道の有名なお菓子のパッケージをデザインした方)の記念室はとても興味深く、気軽に芸術に触れることが出来る場所です。 

初めて中に入ったのですが、札幌の街中にもこんなふうに気軽に歴史や芸術に触れることが出来る場所があり、札幌に住んでいながらもまだまだ知らない魅力があることを知りました。

これからも、京王プラザホテル札幌店周辺のおすすめスポットを随時紹介していきたいと思っておりますので、皆様、お付き合いどうぞ宜しくお願いいたします!
刑事法廷展示室

「札幌市資料館」、興味を持たれた方は、我が京王プラザホテル札幌店からは、歩いて約15分<公共機関を使うと、地下鉄東西線 西11丁目から徒歩5分>とお散歩するにはちょうど良い距離にありますので、是非お散歩コースに取り入れてみてくださいね!

 

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/23
  • 4:46PM

麻布十番店お楽しみ会の報告と特別企画について

まだまだ夏バテには早すぎる今日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

連休3日間に開催をしました、麻布十番お楽しみ会は無事に終了し、暑い中、多くのお客様にご来店頂けたことに感謝しております。メロンや野菜が当たるくじ引きももちろんのこと、初企画の鞄フォトコンテストもなかなかの好評を頂きました。賞の発表はしばしお待ち下さいませ。

取れたてのメロン(写真:右上)

 前回もご紹介しましたが、麻布十番店ではお楽しみ会期間の7月17日(土)からポイントカードを発行しています。\5,000につき1ポイントで20ポイント貯めると、次回のお買い物商品(セール品除外)が5%割引になります。有効期限は、なんと5年もありますので高額商品をご購入されずとも、贈り物などでご利用いただいているお客様には朗報だと思います。こちらは、北海道以外の直営店ならでは、のサービスとなっております。いたがき麻布十番店でお買い物をして、少しずつ貯めてみてはいかがですか?

そして、北海道旅行キャンペーンも引き続き実施しておりまして、応募された方の中から、ペアで1組様、2泊3日でご招待。応募締め切りは8月22日(日)となります。お買い上げ金額1万円以上で、どなたにもチャンスはありますので、ぜひ、この機会にご来店くださいませ。たくさんの方のご応募をスタッフ一同、お待ちしております。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/23
  • 11:22AM

E169ベルト通し付き札入れ

コンパクトでシルエットも気になりません

とにかく身軽に出掛けたい時におすすめなのが、「E169ベルト通し付き札入れ」です。

その名の通り、ベルトに付けるタイプのお財布で、お札は長く二つに折って入れ、小銭は内ポケットに、カードも収納可能です。身につけているのを忘れてしまうくらいのコンパクトさで、旅行やお散歩の時には鞄を持たずに出掛けることも可能。スーツなどを着た時のシルエットも気になりません。

先月、赤平本店、京王プラザホテル札幌店それぞれにHBCラジオの中継に来て頂いたのですが、父の日のおすすめ商品として、こちらのベルト通し付き札入れを紹介したところ、お陰様で多くの方にお問い合わせ頂きました。そして実際に手に取り、ご覧になったほとんどのお客様がなるほどと感心して下さるこのお財布は、当時あるお客様のご希望を社長が特注で製作、その後許可を頂き商品化したものです。

お札、小銭、カードが入ります

あらためて皆様に商品を紹介しながら、構造、使い勝手、デザイン、どれをとっても見ればみるほど、我が会社社長ながらも尊敬するばかりで、ものづくりに対する姿勢はもちろんのこと、更に日々いろいろなことを教えてくれる人生の大先輩としても、社長に少しでも近づいていけるよう、我々も努力していきたいと思っております。http://www.itagaki.co.jp/products/items/E169.html

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/16
  • 9:00AM

北大植物園2

いろいろな種類のバラが咲き誇っています。

7月の半ばも過ぎ、もうすぐ夏休み。札幌に旅行にいらっしゃる方が増えているようです。

そんな旅行客の方に是非足を運んでいただきたい、京王プラザホテル札幌店近くのおすすめスポットの紹介です。 今回で2度目の紹介となりますが(前回の紹介はこちら→http://www.itagaki.co.jp/blog/?p=678)、お店から徒歩で約3,4分、「北大植物園」は、現在バラが見ごろを迎えています。

園内の「バラ園」には、約20種、200株色とりどりのバラが咲き誇り、バラの周囲には様々な植物が植えられていて、沢山の花が集まる園内の見所の一つとなっています。 南側にはつるバラのアーチがあり、中をくぐると、バラの香りにふんわりと包まれ、ここが札幌の中心だということを忘れてしまうような雰囲気です。バラ園の他にも、カナディアンロックガーデンや高山植物、温室など、都会の中でも緑をふんだんに感じることが出来る場所です。

つるバラのアーチ

ちなみに、我が店舗があります、京王プラザホテル札幌では、「北海道大学植物園」を眼下に見下ろすことが出来る客室もあり、夏は青々とした緑が美しく、春には桜、秋には紅葉と、札幌の季節そのもの感じることが出来るそうです。

旅行のガイドブックにはあまり載っていない、「北大植物園」、お時間がある方は、是非お立ち寄りになってみてくださいね!

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/09
  • 10:00AM

E558パンプキンバッグミニ

 

パンプキンバッグミニ

北海道の大地で育ったかぼちゃのイメージから生まれたパンプキンシリーズ。

今回は「E558パンプキンバッグミニ」を紹介したいと思います。
かぶせ上部にはヘタを付け、本体マチにはソフトな革を合わせてかぼちゃらしい丸みを出しています。中は口前のバンドを外して物を出し入れ。二つ折りのお財布や携帯電話、小ぶりのお化粧ポーチなど、身の回りのものを入れる鞄として最適な大きさです。
今年の春、京王プラザホテル札幌店をいつもご利用いただいている20代のお客様が、休日のお出かけ用にと購入下さいました。ハンドルを別売りのショルダー(P025ショルダー20mm)に付け替え、普段は斜め掛けにしてお使いになるようです。
身の回りのものを入れるのにちょうど良い大きさです。

 そして、このパンプキンバッグミニは、“着物にも合う鞄”として皆様に紹介しているのですが、こちらのお客様も、この夏の花火大会には浴衣を着てこのパンプキンバッグに合わせて下さるそうです。きっと、花火大会の頃にはもう何度か使用していて革も馴染んで使いやすくなっているはず。 このかぼちゃの形をした愛らしい鞄が、洋服の時だけではなく、夏の夜の花火の下でも、活躍してくれるととても嬉しいです。http://www.itagaki.co.jp/products/items/E558.html

 

投稿者:京王プラザホテル札幌店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/08
  • 3:05PM

2010年7/17(土)~19(月)麻布十番店お楽しみ会を開催します!

雨が降ったり止んだりと、梅雨独特の蒸し暑い日が続いておりますね。

たまに顔を出す太陽が貴重に感じる今日この頃です。
そんなジメジメした梅雨の明ける頃、麻布十番店では、お楽しみ会を、7月17日(土)~7月19日(月)の3日間で開催します。

日頃の感謝の気持ちを込めて一部特別奉仕品や当日お買上げ1万円以上につき1回引ける空クジなしの抽選会、第1回鞄コンテストなど、たくさんの催しを用意しました!

普段の麻布十番店とはまた、雰囲気の違う時間をお過ごしいただけると思います。
抽選会の賞には、北海道の味覚などなど・・。
なお、鞄コンテスト参加については、お客様ご愛用の「いたがき」鞄をご持参くださいませ。写真を撮らせていただき、その中からいたがき賞・麻布十番店賞を決定いたします。
後日、WEBにて結果発表の上プレゼントをご用意。

また、同日からペアでご招待の北海道旅行キャンペーンの応募を開始いたします。
皆さまお誘い合わせの上、ぜひ、この機会にお出かけくださいませ。ご来店お待ちしております。

投稿者:京王プラザホテル新宿店

  • Entry at
  • 2010
  • 07/02
  • 9:00AM

大通公園 花フェスタ札幌2010

噴水の前にも花のディスプレイ

6月26日(土)から7月4日(日)まで、札幌の大通公園で、『花フェスタ2010札幌』が開催中です。大通公園は、碁盤の目状の札幌の街を南北に分ける基点ともなる、札幌で知らない人はいないほどに有名な公園です。毎年、雪まつりやよさこいソーラン祭りの会場にもなっていて、札幌の行事には欠かせない場所でもあります。我が京王プラザホテル札幌店からは、南へ真っ直ぐに徒歩で約10分のほど近い距離で、直営店ブログでも何度か紹介しています。そして、今回も少しだけ早起きをして、朝の出勤前に花フェスタを見に行ってきました。

会場は大通西4丁目から西8丁目、「花のある豊かな暮らし」を提案、園芸教室や花市場、花のディスプレイなど多彩な催しが開催されています。開場時間は午前9時から午後5時ですが、時間前に行ったにもかかわらず沢山の人で賑わっていました。

高校生によるガーデニングコンテスト

テーマの言葉通り、花が身近にあると、心がほっとなごみ豊かな気持ちになりますよね。
あるお客様が、「いたがきの魅力の一つは、自然に近い感じがするところだね。」 と仰って下さったのですが、花と同じで、タンニンなめしの革は長い年月をかけ、いつかは土に還ることが出来る天然素材です。やはり、自然に近いものというのは、人々の無意識のどこか深いところに届き、私たちを安心させてくれるものなのでしょうか。

投稿者:京王プラザホテル札幌店

Page 1 / 11
このページの先頭へ