革製品のお手入れについて

革製品は適切なお手入れをすることで末永くお使いいただけます。

革は天然素材ですので、お手入れをしないで使い続けると、ひび割れなどの原因となります。適切にお手入れをすることで、品質を保ちながら末永くお使いいただけます。

使い始めの1年間は
マメにお手入れを

皮から革へなめされて製品になったばかりの革は赤ちゃんの肌のようにとてもデリケートです。顕微鏡で見ると革の角質が立っていて、とても傷つきやすい状態です。
使い始めの1年間は、月1回のお手入れをお勧めします。こまめにお手入れしていただくと革の表面が落ち着いて、傷がつきにくくなります。また、傷がついてしまってもお手入れを続けることで目立たなくなります。
1年後からは、半年に1回程度のお手入れで十分です。

お手入れ方法

保護クリーム(皮革専用クリーム) 固く絞ったタオル 柔らかい布

ご用意していただくもの

  • 保護クリーム(皮革専用クリーム)
  • 固く絞ったタオル
  • 柔らかい布
1. 固く絞ったタオルで、バッグ(革製品)をまんべんなく拭いてください。
2. その後すぐに手のひらを使って、なでるように水気を拭き取ってください。手でなでることで、水気が適度に革になじみます。
3. 柔らかい布に保護クリームを適量含ませ、バッグ(革製品)にまんべんなく薄く塗り広げてください。その時に革のコバ(縁)も一緒に塗っていただくとコバ仕上げ剤がはげるのを予防する効果があります。
4. 柔らかい布で軽く乾拭きしてください。余分な油が取れて、ツヤが出てきます。(1枚の布でお手入れする場合は、保護クリームのついていない乾いた部分を利用することがポイントです。)

革製品ご使用上の注意

傷がついてしまったら

軽い引っかき傷は、固く絞ったタオルで、引っかいた方向とは逆の方向に、一定方向に拭いてください。その後、傷ついた革の表面を寝かせるように、指の腹で少し力を入れて一定方向に撫で付けてください。これを交互に数回繰り返していただくと、キズが目立ちにくくなります。

やりすぎると変色のおそれがありますので、様子をみながら少しずつ行なってください。

雨に濡れてしまったら

雨など水に濡れた場合は、すぐに水気を拭き取ってください。濡れたまま放置するとシミになる可能性があります。また、水滴状に濡れてしまった場合は、まだらにシミになることを防ぐため、濡れたタオルで全体が均一に濡れた状態になるように拭いてください。

乾かす時には、中に新聞紙などを詰めて型崩れしないよう形を整え、風通しの良い日陰で自然乾燥させてください。

完全に乾く前、生乾きの時に上記のお手入れ方法3のように保護クリームを薄く塗布していただくと、乾いた後も潤いが保たれます。

しまう前にひと手間を

長く使わないでしまっておくと、カビがでることがあります。しまう前に汚れ(特に手で触れる機会の多い場所を中心に)を固く絞ったタオルで拭き、上記のようにお手入れをしてください。

お手入れ後は、陰干しをしてよく乾燥させてから、型崩れと湿気を防ぐために新聞紙を中に詰めて、風通しの良いところに保管してください。

アフターケア用品
K100 2,160円(税込)
バッグや小物の縁(コバ)の補修にご利用いただける塗料と、革のお手入れ用の保護クリーム、布の3点をセットにした、お手入れセット。
革の色ごとにお選びください。この商品の詳細とご購入はこちら

保護クリームセット
K101 1,080円(税込)
保護クリームとネル布のセットです。 この商品の詳細とご購入はこちら

このページの先頭へ